大学病院へ行ってきました。 (お当番・LOVE)

連投で・・すいません・・・。m(__)m

でも・・約1年半振りなので・・・良いよねえ~・・・。

火曜日に大地とぞうさんは、大学病院へ無事行ってきました。

「我が家は、人間でも大学病院・・なんぞにゃお世話になっていないのにねぇ・・」とか言っている、ぞうさん・・。
あんたが行くっ!!って・・言ったんだろうがっ!!です・・。

朝・・7時に家を出て・・9時半に到着・・・・。

ここが、大学の敷地です・・・。

d0065484_23241281.jpg


キャンパス内に入ってから・・迷ってしまいました。(^^;;;


ここが、動物病院・・・。

d0065484_23265379.jpg


正直・・国立大学なので・・都会の私立の獣医大学病院と比べて・・建物とか、期待していませんでした。(笑)
ちんまりとしていますが・・結構患犬達が沢山いました。(やっぱり・・見るからに重症そうな子も・・沢山・・)

来年には、放射線設備も新しいものにするようで・・工事もしていました。

受付をして、殆ど待たずに呼んでくれたので助かりました。
だって・・・大地は、車に乗るのは大好きだけど・・・病院はまるで、ダメっ!なんだもん・・。(^^;;;

事前に情報は入っていたのか・・それからは、早い早い・・・。
アッ!!っと言う間に・・大地は処置室へ消えて行きました。(笑)

先生の説明も・・テキパキで・・的を得ていました。

先生が言うには・・・・
『扁平上皮がんは、感染を起こしやすいので・・口の中は、痛みや腫れが起き易い・・。なので、疼痛緩和の意味でまず、放射線をかけること。この施設では、メガボルテージ(高電圧)の機械はないが、オルソボルテージ(常電圧)で、コントロールは出来る。
抗がん剤も併用したいが、腎臓の機能がやや悪いので・・慎重に使いたい。リンパ腫はまず、何もせず・・。
腫瘍が少し治まれば・・手術も可能・・。このまま、未治療の場合は、上の顎もともかく、下の顎も開きづらくなって経管チューブ栄養も必要となってしまう・・。バーニースの平均寿命とからめて、大地君の寿命があるまで、いかに楽しく楽に生活できるかを1番の目標とします・・。』

ぞうさんは・・目が点・・・。(笑)

放射線もかけて・・全て終わったのが12時半でした。

今後週1回の予定で進めていくそうです。
麻酔もごく短い時間のため・・すぐお水もOKでした。

引きずっている脚も・・来週まで様子をみて、変わらなければ・・レントゲンなど麻酔をかけている間に撮ってみるそうです。

通う距離は大変ですが、例えば・・病理診断はその場ですぐ、結果が出るし・・それを思うと、近場の獣医さんで、病理組織検査に1週間とか・・掛かるのを考えると早く診断が付いて、早く治療を行えることが出来ます。

放射線の副作用とかも・・これからだし、また、どんな展開になっていくかは判りませんが、画一的でなく、状態に合わせた対応もしてもらえそうなので・・・ぞうさんは・・
「行った甲斐があった!!」・・そうです。

実はね・・ぞうさんも、最初から・・こんな風に考えることは出来なかったんですよね・・。
いくら・・俗世間では、ペット・・動物なんですが・・同じ屋根の下(または、敷地内)で一緒に暮らす「命」なのですから・・。

と・・・うんちくは良いとして・・・

診察や検査が終わり・・車に戻った・・大地です・・・。

d0065484_0492518.jpg


寝ている間に口をこじ開けられた・・のか・・少し口が開くようになった・・。(笑)
[PR]

by gorubani | 2009-09-30 00:53 | びょうき  

<< 拒食三昧! (お当番・LOVE) しっかりせんかいっ! (お当番... >>