大地が・・大地らしく居られる事って・・ (お当番・LOVE)

今日は・・僕にぞうさんが、のり移ります・・。なので・・ここからは、僕の責任外のお話なので・・あしからず・・。m(__)m

木曜日の夜は・・何だか大地は、中々眠れなかった・・・。

以前、一晩で顔がパンパンになった日と同じ行動でした。
多分・・口の中が痛かったと・・思う。朝になって、顔の腫れは酷くなっていなかったし、お水は飲めていたので様子をみていましたが、どうもおかしい・・。

大学に行く日以外は、かかりつけの獣医さんにお世話になることになっていたので、夕方病院へ行きました。

担当の先生は居ませんでしたが他の先生に診てもらいました。

状況をお話して、多分、痛みであるだろうことも伝えました。

でもね・・ぞうさんがよく、現役時代に、ぶつくさ言っていた人間のお医者さんについて・・のことにかぶるのですが・・・口の中は全く診ず、まずは「検査」(採血)・・でした。(びっこの脚は少し診てくれたけど・・)

「腎臓の数値が悪いと、食欲がなくなりますから・・」が理由だ・・。
別に・・採血されたのが気に入らないとかじゃない・・。
で・・結局、数値は変化は無いので・・やはり、痛みによるものでは・・という事になったのに・・はやり口の中は一切診ず・・今度は痛み止めの事になりました。

「腎臓の数値が悪いので・・」と・・言い・・やはり、使う(出す)薬を色々と渋る・・。

ぞうさん曰く・・腎臓、腎臓って言っていれば、出せる薬など・・どんなものでも出せなくなる・・。
現在、抗がん剤を使っているならともかく・・やっていない状況で、単純に痛みに使う薬を使えない理由はないはず・・。痛みで・・眠れない状況でない限り、少なくても今は、常用する訳でもないからです。
食べれないのは仕方がないけど・・・せめて、ぐっすり眠れれば・・仮に食べれなくても・・体力の消耗は減る・・と・・言いたかったからだ・・。
そして、食べないなら・・「強制給餌」をした方が良い・・・と・・。

半ば・・けんか腰?(笑)で・・痛み止めを貰いましたけど・・、それを、その夜1回飲ませて・・大地は受診の疲れもあるだろうけど・・ぐっすり寝ました・・。(´ヘ`;)
飲ませるのにも・・半ば強制的だったのが・・ぞうさんはちょっと辛かったけど・・仕方なく・・。(x_x;)

注射は・・今飲んでいる薬とかぶるから・・ダメ・・。
シロップか・・張り薬で・・と言われ、張り薬なら毛を剃って、包帯でとかで取れないようにすると言う・・。
薬の種類は言わなかったが・・薬の値段からしても、ぞうさんはピンと来ました。
それは・・「麻薬」の鎮痛剤・・。
いつもは、明細書に薬の名前と効能が書いてあるが、「水薬」としか表示されていない・・。
薬の種類はともかく・・・それなら今はまだ、常用する時期でもないことは明らかだし、腎臓がどうのこうのじゃないのです。

普通の人ならビックリしちゃう薬ですが・・尚更・・言わないのも・・どうなのか・・??
状況が分かるいつもの先生じゃない、以前の問題・・のような気がします。

とにかく・・検査数値が命・・・。
数値を元にしなければ、話が始まらない・・目の前の患者(犬)の状態を見ない・・。

・・・・人間の医者と同じ・・・。(笑)

元々・・放射線も積極的治療をする・・と始めた治療ではありません。
ガンをやっつける、戦う治療を選ぶのなら・・どんなに遠くても、違う大学病院に連れて行きます(放射線の機械の違いで・・)し・・・何とか手術をしてくれる獣医さんを探すと思います。
そして・・それに伴う・・辛いことも我慢させる覚悟も必要だし、腎臓の数値が重要ってこともわかります。

でもね・・「痛み」って言うもののコントロールは、全く違うことだと思います。
人間の緩和医療が進んだといえどまだまだ、偏見とか・・があるのだから・・仕方がないことかもしれないです。
緩和医療=ターミナル(終末期)じゃないからです・・。
そして・・何もしない・・ってことでもない・・。

大地が大地らしく・・居られるために・・痛みを可能な限り取ること・・それが今1番の目標・・。
そして・・いくら食べないからと言って、無理やり、ご飯を食べさせることはしないつもりだそうです・・。
いくら・・犬でも・・これは人間と同じ・・・と思うからです。


・・・やっぱり・・ぞうさん・・・獣医さんに煙たがれないとねっ・・・・(笑)
[PR]

by gorubani | 2009-10-05 01:34 | びょうき  

<< 放射線治療2回目 (お当番・L... 拒食三昧! (お当番・LOVE) >>