大地・・ゴメンね、そしてありがとう

大地は昨日の夜、荼毘にふしました。
あの・・デッカイ・・三毛色の体はもう居ないのだな・・と・・改めて感じています。


大地の最期は・・本当に急に、そしてあっけなく来てしまいました。
直接の死因は・・治療後の呼吸不全・・です。

5日の日に予定通り、病院での塞栓療法そして、胃チューブ挿入を行いました。

治療そのものは、順調にそして、予定通りに終わりました。
腫瘍の状況によっては、塞栓療法は行えないかも・・とは言われましたが・・。

CTでは・・腫瘍は頬の上部から眼球・上顎・下顎・・どころか・・喉の気管にまで達していました。
麻酔のための気管挿管もギリギリだったそうです。
今回のレントゲンでも、肺はきれいで・・でも、どの道・・僅かな期間で気道が圧迫されて呼吸が出来なくなるだろう・・・
それでも生きるのであれば、気管切開しかない・・と・・。

年末の呼吸の異常は・・鼻ではなく・・やはり、気道の狭窄であることだろうと・・。
口から水やご飯が摂れないのは、胃チューブで対応できても・・その先は呼吸ができなくなる・・。
出血も・・胃の中に結構たまっていて・・・一時は塞栓療法で良くても、必ず大量となって・・貧血や体力低下は免れない・・・。
骨にも浸潤が広がっていて・・痛みも今までは食べる時や飲み込む時でけだったのが・・常時痛みが出て来ると・・・。最近の経過からも・・今猛烈な勢いで・・ガンが進行している時期だろうと・・。

獣医さんの治療後のお話は・・今回の治療自体より・・その先についてのことが主で、かなり厳しいものでした。
そして、今回の治療後の呼吸管理もかなり厳重にしなければならない・・と・・。

麻酔から一応は覚醒した大地に会いました・・。
全身で呼吸をして、あえぎ声を出していました・・。「大地・・大地」と・・私が名前を呼ぶと・・一瞬はそれが治まりましたが・・どう見ても・・尋常ではない・・と感じ、
この時・・大地はもう家には戻れない・・と直感しました。

時間もかなり、遅くなっていて・・また、重点的に診てもらえる・・とのことで、
大地の頑張りを信じて帰宅するしかありませんでした。

本当に大地は・・前日のドックランの様子や治療の直前まで、外見的には元気でした。
年明けからは・・散歩の距離も短くなり・・途中で少し休んだり・・、あまり吼えたりをしなくなっていて、声にも変化がありました。必ず皆の居るリビングで過ごしていたのが、日中でも、夜寝る部屋に1人で行きたがりました・・。

徐々に、そして・・進行していることは理解していました。

家に帰って・・今更ながら・・今回の治療をしたことさえ・・後悔しました。
やめることも出来たのに・・何故・・させてしまったのか・・??
昨日の夜だって・・ドロドロの半熟のオムレツだって食べていたし、今朝も散歩にいっていたのに・・。
大地を思い・・させてしまったことの重大さが身に染みました。

そんな思いの中・・深夜の2時半頃・・病院から連絡が有り・・大地が旅立ったと・・。
1時半頃に呼吸が止まり・・頑張りましたが・・と・・・。
私は・・・連絡の後・・「私が大地を殺してしまった・・」と・・泣き叫びました・・・。

治療をさせてなければ・・絶対に・・大地は生きていた・・。

もう、ほんのちょっと・・・私が頑張って・・・ご飯や薬を工夫してやれば大丈夫だったし・・血だらけの床や壁、布団をこまめに綺麗にすれば良かっただけの話・・・。
自分が・・根をあげたからなんだ・・・。
大地のため・・なんかじゃない・・・、自分のため、自分が楽になりたかっただけ・・・。

「家族なんだから・・そう思って当然だ・・。少しでも楽にって思って決めたことなんだ。大地だって・・頑張った・・。されたことや、家に居れないことは嫌だったかもしれないけど・・絶対にまた、散歩をしたり・・少しでもうまいご飯が食べたかったはずだ・・。これが、大地の寿命なんだ・・。」

「今回を乗り越えても・・近い将来、息さえしずらくなってもっと、苦しむことになるんだ・・。それを・・今まで以上にすることも嫌だし、俺達にも見せたくなかったんだ。」

と・・・オヤジに諭されました・・・。

その後・・大地を引き取りに行きました。
やはり・・苦しんだのか、顔にはその様子が伺い知れました。
でも、気のせいか・・家に帰り・・荼毘にふすまでの間に・・大地の表情は穏やかになって見えました。
何故か・・大地の亡骸をみて・・大地はもう・・とっくに虹の橋を渡り・・気ままに足り回っているような感じがしました。
「昨日・・散歩・・出来なかったからね・・」みたいな・・・。(笑)
おやじも・・「LOVEの時みたいに・・リードをLOVEが引く感触みたいなのがない・・」と言います。

多分・・これは私達の一方的な感覚なのだと思います。
「どうにかしてやりたい・・」と・・家族それぞれの中で、いつも中心に居た大地でした。
遠い場所まで連れまわしたり・・あれこれと散歩や食事や工夫を大地のために考えたり、大地のことで喧嘩をしたり・・約5ヶ月弱を過ごしました。

実のところ・・我が家の娘は、昨年の夏に婚約し・・この3月が挙式です。
昨年末頃より・・その準備などが佳境に入り、色々と親としても出番が多く、はずすことが出来ない機会が多くなってきました。来週は引越しも決まっていて・・大地が順調に帰って来ても、ガタ付く環境が心配でした。
安定していても・・この3月が・・大地の病状的にどうなのか・・・?も・・不安でした。

また・・私も・・新しい方向で・・今後の行き先の目処をつけ・・新たにチャレンジしたいことがようやく見つけられるようになったばかりでした・・。
LOVEを死を機会に・・今までの自分の方向性に疑問が出て・・ようやくの時期でした。
やはり、大地の病状の様子では・・どうなるか・・??などと・・不安もありました。
勿論・・大地を1番に考えることは決まっていましたが・・・。

口には出さないことでも・・ちゃんと大地は・・十分理解して・・大地なりの「答え」を出してくれたように感じます。

「・・LOVEで始まり・・大地で閉めた・・」・・我が家の1時代は終わろうとしています。
身の程知らずで、おバカな夢も抱き・・でも、あいつ等のお陰で・・それも取り合えず達成できたと思っています。あいつ等と一緒に・・この年月を過ごしてきたことは、我が家の財産で・・・それこそ「家宝」!(^-^)/
だと・・胸を張って言えます。

大地・・・ゴメンね・・・。
でも・・きっちり答えを出し、そして閉めてくれてありがとう・・・。
いつの間にか・・大地はとてつもなく偉大になったね・・・。(笑)

EARTHとの、これからの・・「第二章・・」????
ちゃんと見守っていてね・・。

LOVEも・・あの世から・・ありがとう・・。
大ちゃんは・・ずるいので・・絶対に「あの世」でも「この世」でも・・ひとりにならなかったね・・。(笑)
そちらで、大地をよろしくね・・。

d0065484_182042100.jpg


おつかれ・・大ちゃん・・。また・・ひとりで逝かしてしまって・・許してね。
家が大好きだったね・・。
新しい洋服も来たんだよ・・。


d0065484_1826549.jpg


最期まで・・何とか口に出来た食べ物と一緒に・・ぞうの「手つくり食」も入れちゃった・・。(笑)
頸も腕も・・お腹も・・ハゲホゲ・・なので・・一杯おしゃれしました。

d0065484_1828592.jpg


LOVEさんと同じ場所で狭いけど・・山に行くまではここでね・・。

d0065484_18294374.jpg


やっぱり・・超!!イケメン・・だと・・最期の親バカ・・許してね・・。(笑)

そして・・コメントやブログなどで、応援してくれた皆様・・本当にありがとうございました。
今回の大地の闘病を支えて頂いた・・と言っても過言ではありません。

何だか・・比べるのも変ですが・・LOVEの時より、とってもぞうは、すっきりしています。
元気な時は勿論・・病気とか・・いろいろな障害を供にして一層家族との絆が深まることを大地を通して経験することが出来ました。

これからは・・我慢させてしまうことが多かったEARTHと共に・・山は勿論、いろんな場所へ行って・・
はっちゃけますので宜しくお願いします。m(__)m
[PR]

by gorubani | 2010-01-07 18:50 | びょうき  

<< 大地の夢 大地・・旅立ちました・・。 >>