退院しました。 (お当番・ぞう)

3連投のぞうです・・。

昨日LOVEはリンパ生検をすませ、何とか・・退院しました・・。
約4日間の入院です。

面会の度に気になっていた・・腰抜け・・は酷くなっていて・・2人のスタッフさんに抱えながら・・ぞうの車に乗りました。
元気のない・・顔も気になっていて・・・食欲は戻っていますよとは言われましたが、実は、「おやつ」を持ってきていて・・早速あげてみました。

もし・・食べなかったら・・どうしよう・・・。
LOVEのバロメーターは・・とにかく「食欲」・・。すぐ食べてくれて・・ホッとしました。

実は・・甲状腺の検査結果が出ていて・・その数値は・・測定不能以下の低値で・・甲状腺機能低下症は確定しました。正直・・この検査をしたことなど・・忘れていると言うか・・ぞうの中ではどうでもいいことでした。
結果を聞き・・リンパ腫で頭の中が一杯だったけど・・甲状腺の症状も重なっているのだなぁ・・と改めて思い知らされました。

一応・・リンパ腫の結果が来週出るので・・それまでは・・このまま何もしないでと言うことで病院を後にしました。
下痢も熱も治まったし・・大丈夫だろうと・・。

けれど・・家に帰り・・その足や腰の力の弱りように愕然としました。病院はフローリングだし、滑るから・・と思いましたが・・ついこの間まで・・しっかり歩けた所も・・全くだめでした。
2階がリビングで・・いつもの居場所なので・・おやじが抱いて上げたけど・・全く足が前に出ないのです。
病院で狭い所に入れられて・・出れば・・検査・・。
今まで・・かくしゃくとしていた老人が・・2~3日で・・足が弱り・・行動がおかしくなるのを何回も仕事で経験していたぞうにとっては・・・本当に「痛い」思いでした。

「こんなおじいさんじゃありませんでした。何があったのですか?」と・・怪訝そうに戸惑い言われる家族の思いが・・こんな場面で心底理解出来ました。

本当に・・何のために・・入院させたのか・・?
全く・・LOVEのためにじゃないんじゃないか・・?と・・。
何とか・・寝ても落着かない・・。息使いも荒く・・病気が悪さをしている以上に、精神的にも負担をかけさせた・・と思いました。
1年以上前に・・買った「介護用品」を早々に出しました。その時は・・使わずに終わったのにね・・。もう・・金輪際・・・入院はさせたくない・・そう思いました。

そして、「リンパ腫の結果まで待てない」と思いました。とりあえず・・甲状腺の治療だけでも始めたいと思いました。
朝になり・・思い切って病院に電話しました。院長先生は本日はお休みで、明日はいるのはわかっていたので・・明日受診させたいと伝えました。
仕事の都合もあるのですが・・明日の午後ならなんとか受診できることを言いました。
あいにく・・院長は手術で・・午後の診察はないとのこと・・。他の先生でもいいし、同じ院内にいるのだから・・伝えてもらうだけでもいいし・・。受付の人じゃラチがつかず・・・とうとう他の先生に変わって電話にでてもらい・・こちらの思いを伝えました。

勿論これは・・ぞうが今のLOVEが受け入れられないと言う・・自分の思いに対する要望です。
勝手な言い分だし・・第一、それで今回も入院させたわけで・・後悔した矢先なのにね・・。(笑)

電話に出た先生は・・6時半なら・・多分いいと思う。手術が長引いて・・他の医師でもいいなら・・と・・了解してくれました。
リンパ腫の結果が出なくても・・とりあえず・・甲状腺の治療は先行して出来ますから・・と。

たかが・・1週間・・。でも・・とても長く感じます。
治療は・・リンパ腫の治療とも平行して出来るようです・・。
でも・・やっぱり・・・リンパ腫の治療はどうだろうか・・?とまだまだ・・うろうろの気持ちのぞうです。多分・・見ていられなくて・・やってもらうのだとは思いますが・・。

幸い・・今日は・・大分・・足もしっかりしてきて・・食欲はあるし・・少し安心しています。

d0065484_0555187.jpg


とうとう・・使用することになった・・介護用品。
でも・・優れものです!
少し落着いた・・LOVEです。やっぱり・・この狭くて・・ガチャガチャなうちがLOVEにとっては安住の地なんですね・・。大ぽん・・しっかり寄り添っています。本当に大地はしっかりしてきて・・頼もしいです。
[PR]

by gorubani | 2008-04-04 01:03 | LOVE&大地&EARTH  

<< 繋がっているもの・・。 (お当... 大かたの結果がわかりました。 ... >>