カテゴリ:LOVE&大地&EARTH( 115 )

 

LOVEさんの今日の様子とぞうの決意 (お当番・ぞう)

今日は・・日勤でしたので・・お昼休みに病院に電話しました。
いつもそうですが・・大体の時間と病状を聞くためです。
幸い・・昨日の「鼻血」は・・すぐにとまったそうです。そして・・ご飯も食べたようです。

もしもし・・。と・・言うだけで・・「はいっ!LOVEちゃんのお家の方ですね・・」と・・言われるようになりました・・。(^^;;;
以前・・病院が遠いので・・毎日行けるか・・?自信がないことを書きました・・。
けれど・・今は・・「毎日欠勤なし」で・・行っています。
最近・・偶然にですが、ゴルちゃんで悪性リンパ腫になった方の闘病記録のサイトを見ました。
面会のために・・1時間以上かけて毎日行き、数十分会う・・・たったそれだけの時間のために毎日通われていたそうです。

ぞうも・・全く同じ状態です。そして・・同じ思いで・・会いに行っていると思います。

ご飯係りのぞうは・・差し入れを持っていきます。でも、今日は・・昨日まで食べてくれたものは拒否されました。薬の影響なのか・・ただ単に気に入らないのか・・わかりませんが・・病院のご飯は食べたそうなので・・いいとします。
明日は何をお持ちしようか・・?と・・悩んでいます。食べてくれれば嬉しい!ご飯係りは悩みます。(笑)薬の影響なら・・それが一旦落着いた頃・・また薬を入れる日になってしまいます。
ぞうは・・今・・全く・・体にいいとかなど考えずに、LOVEに差し入れをしています。
ガンは・・炭水化物を特に好み・・それを与えると・・ガンが栄養を取ってしまうそうです。唯一脂肪は取らないそうです。でも・・欲しがって、自ら口で食べるのなら・・どんなものでもいいと思います。下痢になろうが・・です。
もう・・「たらふく」・・食べれないのだから・・せめて・・と思います。

そして・・今週末の退院を目標にしています。
今は・・病院で看てもらえるのでいいですが・・家に帰れば・・それはそれで大変になると思います。
ぞうは・・LOVEが退院したら・・仕事を暫く休むつもりです。
今日上司に伝えました。渋られれば・・退職と言うつもりでした。
幸い・・今でも・・時間年休をくれて・・面会にも行けるようにしてくれていますが、いつまで続くかわかりません。LOVEは迷惑かもしれませんが・・やはり・・置いていけません。
「犬は・・だし」です・・。ぞうの思いだけです。
正直・・LOVEのことが気になって・・仕事に身が入らず・・緊張の日々に・・疲れていると思います。取り返しの付くミスならいいですが・・やはり・・仕事上・・命にかかわることも多く・・しでかしてしまってからでは収まらないことも多くあります。

親の入院費だってLOVEの治療費だってあります。でも・・そのために・・今は・・命を扱う仕事は・・出来ません。
多分それ以上に・・辛いこともあるだろうけど・・LOVEさん・・お付き合いをお願いします。
[PR]

by gorubani | 2008-04-15 00:08 | LOVE&大地&EARTH  

怒涛の一週間 (お当番・ぞう)

タイトルは何だか大げさですが・・ぞうにとっては本当にタイトル通りの1週間でした。
その時は・・今日こうやって・・ブログを書けるなんて・・考えていなかったけど・・こうやって、書けている・・・。
それだけでも・・いいんだと思います。逆に・・その時考えられなかったことでまた・・悩んだりするのですが・・。

土日は・・おやじも面会に行け・・久々の「感動の対面」??となりました。
だいぶ・・食欲も出て来て・・毎日面会に行っているぞうは、日に日にLOVEの表情が良くなるのがわかりましたので・・正直、おやじは・・「いいとこ取り」!!だと・・少し不満です。
元気な頃に近くなっているのだから・・LOVEは・・おやじを見ても・・一瞬は喜んだけど・・後は・・無表情でした。逆にそれが・・LOVEらしいのでいいんですが・・。(笑)

土曜日は・・前日には食べなかった病院のご飯も・・手でですが、あげれば完食していました。勿論、ぞうが持っていったものも食べてくれました。
ぞうは・・LOVEにとって・・「ご飯係り」なので・・おやじじゃなく・・ぞうから食べてくれます。
嬉しいです・・。こんな状態になっても・・ぞうの役割はLOVEにとってあることが・・。

それより・・病院は・・入院動物が飽和状態です。LOVEを含め・・ゴルだけで・・3頭います。
LOVE同様、かなり重症の子も多く・・でも、手でご飯をあげてくれて・・ありがたいです。
前日に・・抗がん剤の2種類目を投与されていて・・どんな副作用が出るか・・心配でしたが取りあえず・・上向きな状態です。

日曜日は・・大地とEARTHも連れていきました。狂犬病の注射とフィラリアの検査のためです。
2頭共に・・プチ健康診断も受けました。特に大地は・・体に「しこり」があるので・・念のために検査をしてもらいました。もう・・本当に・・これだけは・・2度と後悔したくないですから・・。
結果は明日です。大地は・・今のところ・・全く気になることはありませんが、もう今月で8歳です。バニのターニングポイントの年齢です。LOVEがもう少し落着いたら・・半日ドックで・・「エコー検査」もしてもらおうと思います。
ここの院長のエコーの読解力は・・かなりなもので有名です。
LOVEもエコー検査で殆ど・・わかりました。動物は保険が利かないので・・こちらが言わないとなかなかやってもられませんが・・これからは・・積極的に言っていこうと思います。

2頭の診察後・・LOVEに面会しました。
上半身を上げていました。今日も・・ご飯を食べて・・量も増えているとのこと・・。持参したものも昨日より食べました。
でも・・面会の前に先生から・・朝から「鼻血」が出ていて・・血小板が67000しかないことを言われました。連れて来た時は・・40000だったので・・上がってはいますが・・以外に輸血の効果がないとのこと・・。リンパ腫の勢いが骨髄まであることと・・考えていいそうです。
これは病気のグレードで・・Ⅴ・・・。一番末期です。
でも・・抗がん剤の副作用も考えられるので・・動向を見るしかないそうです。
「せめて・・100000・・。これが退院の目安です」と・・言われました。血小板が少ないと・・ちょっとしたことで・・出血する危険があるし・・大きくて動かない体を介助するにも・・一人で無理にやってしまうことも・・危険だそうです。病院では多くの人の手も借りれるけど・・家では限界もあります。入院も長期となりつつあるので・・少し歩かしてくれるようにしているそうですが・・やはり・・後ろ足の力がとても弱っているようです。
でも・・それは・・覚悟しています。

首のリンパは・・触診で全く触れなくなりました。改めて抗がん剤の威力を知りました。
「しっかり・・反応していますよ・・」と・・先生は言いました。
一旦は・・なりを潜めていて・・急激な挽回をしかけてくるかも知れませんが・・先日も言われたように・・野球に例えれば・・無名高のLOVEと・・有名高のリンパ腫・・・。
無心に・・今は戦うしかありません。もう戦いは始まってしまったし・・戦うと決めたし・・戦えると判断されたのですから・・。

でも・・LOVEが・・一番・・怒涛だったよね・・。ご苦労様・・。
振り帰ってしか・・言えないけど・・この1週間は、LOVEさん自身の・・答えですね・・。
その答えを受けて・・・ぞうは・・・また考えて・・答えていきたいです。

d0065484_0422386.jpg

毎日通う、浜名湖・・と言う・・所のバイパスです。高速道路以上・・?出して運転できるようになった・・ぞうです。(笑)お天気がいいと・・海が綺麗です。LOVEが退院できたら・・海を見せてあげたいです。

d0065484_0464133.jpg

入院1日目・・・。顔も上げられない・・。

d0065484_048299.jpg

入院翌日・・・。やつれたなぁ~・・。ぼんやり目は開けていられます。

d0065484_050693.jpg

入院6日目・・。ご飯が食べられるようになりました。

d0065484_0522224.jpg

入院7日目・・。表情が良くなって来ました。左の鼻から・・少し鼻血が出ています。

d0065484_0544049.jpg

病院の途中の大地とEARTHです。
EARTHは・・今日で6ヶ月です。体重26キロありました・・。ここの獣医さんにも「足がとても太い!立派な骨格ですね!」と・・褒めてもらいました。
[PR]

by gorubani | 2008-04-14 00:56 | LOVE&大地&EARTH  

取り急ぎ・・今日の様子 (お当番・ぞう)

たった今・・病院から帰りました。
今から・・夜勤なので・・取り急ぎですが・・。

LOVE・・ぞうの持っていった・・ささみの煮たものと・・チーズを食べました。
昨日は全くで、ぞうも食事のことは・・全然頭になかったのでしたが・・今日行くときに・・ふと何か好きなものを持っていけば・・と思い、持って行きました。正直・・まだ・・そこまでは・・と思いましたが・・。

病院のフードはのこしていました。先生に確認をとり・・ダメもとで・・・。
そしたら・・食べたんです!
おまけに・・催促の・・「お手」も・・。少ししか持って行かなかったので・・最後には・・「足らないと」・・不服の鼻を鳴らす・・いつものしぐさも・・・。

上半身も起こしていたし・・周りの他の患者・・?の声や・・スタッフさんの行動を見る余裕もありました。
首のリンパも・・また少し小さくなっていました。

「野球で言えば・・5対0の・・負けからのスタートです。でも、確実に反撃の勢いがあります。あと1週間・・このまま行けば・・光が見えます」と・・言われました。

そして・・抗がん剤の治療スケジュールを頂きました。
これを・・手にすることが出来たのが・・何故か・・嬉しくなりました。

急激に悪くなりましたが・・今はその勢いで挽回できている・・。
どうか、どうか・・このままで・・。

そして・・なにより・・とっても・・平穏で・・普段に近いLOVEをみせてくれたLOVEに感謝しています。
[PR]

by gorubani | 2008-04-11 14:56 | LOVE&大地&EARTH  

おやじと大地とEARTH (お当番・ぞう)

昨日のブログを書き・・そのままLOVEの面会にガキンチョと行きました。

面会に行くと・・主治医がいなくても、必ず、病室担当の獣医さんが治療や病状や様子の説明に応対してくれます。動けないので・・おしっこの管を入れられていますが、定期的に体の向きも変えてくれています。LOVEを含め、他の入院患者?・・のゲージの中もいつも綺麗にしてくれていて・・管理が行き届いているなぁ~・・と関心させられます。
熱が酷い時は・・濡れたタオルで体を覆ってくれ保冷剤で冷やしてくれていましたが・・昨日からは体に乾いたタオルを掛け、扇風機で風を送ってくれていました。隣のゲージのワンコ(入院理由は不明ですが・・)には風がかからないようにも配慮されていました。
熱は午前中は40度・・。ごごからは38・7度だそうです。

「息が苦しそう」・・と・・ただ・・狼狽していただけで何もしていないぞう・・。
かかりつけの獣医さんのゲージは手術室と同じところにあるので・・温風ヒーターがかかっていて・・熱のあるLOVEにはそれだけで、辛かったと思います。
同じ熱があるときでも、このようにするのか・・と・・勉強になりました・・。
少なくても・・療養環境的には一番良いと思い、連れてきて良かったと思います。

LOVEの顔を触りながら・・やはり・・首のリンパの腫れを手で確認してしまいます。
ただの・・手触りですが・・確実に小さくなっていました。
説明の先生も・・「1回の治療ですが・・昨日より確実に小さくなっています。」と言われました。
以前、詳しいガンのタイプを調べることはしないと決め、しませんでしたが・・
多分・・効果は期待できるタイプではないかと・・言われました。
勿論、今のDICの状態が・・進行しないと言う条件ですが・・。

それでなくても、抗がん剤で治療すると・・死滅したがん細胞が腎臓に集まり排泄されます。腎機能が良くないと、そのがん細胞が詰まってしまい腎不全になります。そのため、たくさんの水分(輸液)を入れて洗い流すのですが・・今度は心臓に負担がかかり、心不全となることがあります。
幸い・・LOVEは・・腎臓と心臓の機能には障害が今の所ありません。
この2つが・・持たないと、ガンには効果があっても・・致命的なのです。

明日は・・主治医の院長がいるので・・詳しい状況は話してくれるそうです。相変わらず・・全く食べないし・・でも水は良く飲めるようになっていました。ぐったり・・は変わらず・・前から気になっていた・・右目の白内障?も眼力がないからか・・酷く感じました。

面会に行くたびに・・おやじがLOVEの写真を欲しがるので・・写してきますが・・やはり、げっそりやつれています。
「やつれたなぁ~・・」と・・言い・・涙をこらえています。(笑)
「じゃ・・仕事なんて・・どうにでもなるんだから・・一緒に行こう!」と・・行っても・・休みまで行けないと言います。ぞうとガキンチョが行っても・・病状のせいなのか・・合いたい人が違うのか・・?嬉しそうじゃないです。
「あんたが・・今一番の薬なんだよ・・」と・・言うのにです。
まあ・・おやじとLOVEの間には・・ぞうとは違うものがあると思います。
ぞうはぞうなりの・・ガキンチョにはガキンチョなりの・・LOVEとの関係があるのですが・・。

単純に・・・おやじは・・泣いてしまうのが・・恥かしいんだと思います。
一応・・LOVEの「アルファー」なので・・おやじが泣いてしまうと・・LOVEは本当に「僕はダメなのか・・?」と意気消沈してしまうかもしれないので・・、。

大地は・・何だか・・妙に大人しいのが気になります。散歩に行くとき、なかなか行こうとしないLOVEに吼えまくっていたのですが・・吼える相手がいないので・・静かに行きます。「LOVEさんは?」と聞くと・・キョロキョロします。で・・LOVEにあげようと思い買ったおやつや、フードの缶詰が食べたくて・・ダダをこねます。不本意ですが・・EARTHとの留守番はしっかりできます。
EARTHが来ない前は・・全く一人では留守番できず・・強引に車に乗ってしまうのですが・・妙に聞き分けがいいです。
それより・・大地も今月で8歳です。やはり、ガンが出来やすい犬種なので・・近いうちに「検診」をしてもらおうと思います。本当に本当にこれは・・LOVEからの教訓です。

EARTH・・。今月で・・6ヶ月です。本当に大きくなりました。多分・・同じ頃のLOVEよりガッチリしているし・・「天然」です。一番大事な時に・・こんな風になってしまって・・あまり、かまってやれないのが不憫です。足元にチョコンと座って・・しっかり「目」が見れる子です。1月の頃は・・LOVEとおもちゃの取り合いもしたし・・でもやはり2月頃から・・LOVEが相手をしなくなってました。相手をしない(出来なかったんだと思います)LOVEの前におもちゃを咥えて・・「遊んで~」のサインを一杯していました。
お散歩も・・引っ張ることは・・本当に少なくて・・後から遅れて歩くLOVEを、止まって待つことが出来ました。今の状況を考えても・・覚悟もあったけど・・こんなに早くとは思わなかったけど・・この時期にEARTHを向かえて本当に良かったと思います。
今の状況だからこそ・・EARTHは・・「命」というものの素晴らしさや、大切さを感じさせてくれる存在です。

今日は・・こんな状況になって・・一番!ホッとした思いを感じることが出来ました。

ぞう家の「男軍団」は・・へなちょこだけど・・最高~♪です。
[PR]

by gorubani | 2008-04-11 01:00 | LOVE&大地&EARTH  

決断の時期 (お当番・ぞう)

検査の結果が出ました・・。

やはり・・悪性リンパ腫・・でした。その中でも「多中心型」と言う最も頻度の多いものでした。全身のリンパが腫れることでわかる・・ものです。中には・・内臓のリンパが腫れて・・外見上全くわからないタイプもあります。

元々、脂肪腫は・・体にあったので・・それがリンパの腫れなのか・・?区別が付きにくいと言うか・・なあなあに思っていたと思います。
ひとつひとつ疑ってしまえばその度に生検しなければならず・・きりがないとも言えますが・・体のどの部分がリンパがあるか・・がしっかりと把握できていれば・・もう少し前にわかったと思います。第一、喉のリンパが急に大きく腫れた時も、甲状腺が悪いかも・・?と言われていたので・・おかしいと思い受診させたのは3日後でした。
たった3日でも・・検査をして・・1週間で・・こんな状態になってしまったことを考えると・・本当に後悔しています。下痢が先行してあったので・・リンパ腫でも、内臓型も併発していたかもしれません。そうであれば・・LOVEは・・もう昨年の11月頃からこの病気と密かに闘っていたのかもしれません。そうであれば・・とにかく・・良くここまで・・とも思います。

でも・・もう、そんなことを言っても・・仕方のないことです。

その時期は・・LOVE自身が決めてくれるから・・・。

昨日面会に行った時は・・輸血をしていました。熱も下がり・・とってもおだやかでした。その前日は上半身を起こしましたが・・昨日は顔だけでした。もう化学療法は始まっていて・・全身と骨髄の状態を見ながら・・基準の治療のプロトコールを変更して行っています。
幸い・・内出血も広がっていないし・・遅ればせの治療がどの程度効くのか・・は週末くらいには目処が立つようです。

攻め込む医療から・・どの時期に・・撤退するか・・?
これは・・ぞうたちが決めなければなりません。

「どうでも・・いいけどね・・僕は・・。でも・・最終決定は・・僕が決める。」
そう・・病気がわかろうと・・そうでなくても・・治療をどの程度しようと、しまいと・・・その時期は・・神様でもなく・・・人間より、はるかに自然の摂理に忠実な・・LOVEだと言う事に尊敬の念さえ感じてしまいます。
だからこそ、人間の移ろいやすくて・・勝手な思いにさえ・・付き合ってくれてくれているのだと思います。
LOVEが寂しいと思うから・・じゃなく・・・ぞう達が寂しいから・・会いに行く・・。
苦しいときも・・辛いときも・・全身で受け止めている。
苦しそうな・・辛そうな・・LOVEを見たくない・・可愛そうだと思いたくない・・と言うぞう達の思いだけなんだね・・・。

でもね・・今日も・・ぞうは、LOVEさんに会いに行きます。!!!
だから・・付き合ってくださいね・・。(笑)
[PR]

by gorubani | 2008-04-10 12:26 | LOVE&大地&EARTH  

LOVE・・頑張っています。 (お当番・ぞう)

入院の翌日・・お昼頃電話を病院にかけました。

預けた後の・・血液検査では・・やはり・・高度の脱水があり、点滴を続行したそうです。かかりつけの獣医さんでしてもらった点滴の針をそのまま付けて行ったので・・良かったとおもいました。
熱は相変わらず高く・・吐くことはなくなったので・・吐き気止めをしながら少し食事を与えてみようとのこと・・。更に説明をするので、6時に来て欲しいと言われました。

昨日の状況を話し・・時間年休を貰い・・病院に行きました。
あいにく・・今日は手術が長引き・・院長の患者さんが多く待っていて・・説明が遅くなるようでしたので・・先にLOVEに会えないか・・?と伝えましたが・・
「LOVEちゃん・・お尻が汚れていて・・綺麗にしていますので・・もう少しお待ちください。」と言われました。1時間しても呼ばれず・・それ自体・・手こずっているのだろうと思いました。
もう・・身動き出来ない・・のでしょう・・。

結局・・説明が先になってしまいました。
血液検査の結果・・感染状態はひどく、血小板が更に下がっていて・・後ろ足の股に内出血が出てきているようです。貧血はないのですが・・血小板だけ少なく・・取りあえず輸血を少ししたいと言うことでした。骨髄だけ・・やられている状況で・・やはり・・まれに見る急激な状態の悪化だということでした。
幸い、輸血は院長が飼っているワンコで・・間に合わせてくれるそうです。
人間のように、、足りない成分だけいれることは出来ないので・・取りあえず少しでいいそうです。そして・・明日・・生検の結果が出ることを確認してくれたようです。
リンパ腫の治療より先行して・・ぞうの希望でもあった・・ステロイドを使い・・少し熱が下がってきたそうです。
「このままいけば・・DIC・・の状況です。集中的に全身管理をしていきます。」

DICは・・病名ではなく・・ガンや重症感染症の末陥る・・重篤な状態です。正にこれを乗り切れるかどうか・・なのが・・分かれ目なのは・・やはり人間と同じです。
とにかく・・今を乗り越える・・それしかありません。
乗り越えなければ・・リンパ腫の治療も・・在宅介護もないのです。
とにかく・・それらの・・基本的なベースまで乗せることが第一で・・寂しいんじゃないかとか・・そういうレベルじゃないんだと思いました。

飼い主として、例え・・LOVEは寂しくて・・心細くても・・苦しい思いをさせたくないためには・・これしか今はありません。
きっぱりと言われた・・その言葉に・・今はすがるしかありません。

説明が終わり・・ようやくLOVEに会う事ができました。
もう・・面会室には出て来れなくて・・治療をしている部屋にそのまま通されました。
濡れたタオルで全身を覆われ・・保冷剤で冷やされて・・ゲージに横たわっていました。
「あまり首も上げないし・・目は開けているけど・・ぼんやりしています・・。」
と・・言われましたが・・
中に入り・・ぞうが名前を呼ぶと・・首を上げました。目もしっかりし・・・周りの先生やスタッフさんが驚いていました。
幸い・・呼吸は・・本当に楽になっていて・・安心しました。
そして・・・帰るときに・・「じゃ・・行くよ・・」と言ったら・・上半身をグッと上げ・・手を振るぞうを見ていました・・。

「じゃ・・行くよ・・」は・・散歩とかに行く合図です・・。
きっと・・行きたい・・帰りたいと・・思ったんではないかと・・思います。

良く・・「頑張っているのに・・また頑張って」・・と・・気安く言うことは良くないと・・人間の医療では言われます。何気ない・・その言葉が・・患者の負担になると、ぞうも、仕事では極力注意してきました。

でも・・ぞうは・・今はあえて・・LOVEに・・頑張ってもらいたい・・。LOVEの頑張りを信じて何が悪いのか・・?とも思いました。
[PR]

by gorubani | 2008-04-09 01:03 | LOVE&大地&EARTH  

家族 (お当番・ぞう)

連日、連続の投稿・・・。
こんな状況なのに・・こんなことできる自体・・まだまだ余裕があるんですね。
そう・・究極の状況じゃ・・ないってことかも・・。
そして・・・こんなことしている時間があれば・・もっとLOVEのことを思ったり、殆どほったらかしの・・家のことをやれよっ!
って・・感じですね・・。でも・・今は・・これがある意味ぞうのパワーの源なのかもしれません。

かかりつけの獣医さんに預けた夕方に・・ガキンチョと面会に行きました。
クッ・・と顔をあげてくれたLOVE・・。状態も横ばいで・・よくも悪くもなっていません。
お水をあげると・・勢い良く飲んだけど・・凄い勢いで吐きました。
その苦しみように・・先生が「どうする・・?このまま預かるのもいいし、あちらの病院に入院させて全身管理をして・・結果と共にこれから考えることもいい・・。」
「大丈夫・・この子は・・ちゃんと・・わかっているよ。家族だってことも・・置き去りにされているんじゃないことも・・」
「僕だって・・獣医のくせに、自分の犬が悪くなった時なんて・・オロオロで・・他所の先生に診てもらって・・かっこ悪かったよ・・」

その言葉に・・ガキンチョと・・思わず同時に・・「遠い獣医さんに連れて行こう」と決心が付きました。診察時間ギリギリでしたが、すぐに電話をしました。
状況を話し、来てくださいと言われ・・そのまま遠い病院へ直行しました。
もう・・数時間前には・・遠いの何だの・・うさんくさがれていないかなど・・ブツブツ言っていたのはどうなっちゃったのか・・?です。(笑)

いろんな思いが交錯して・・迷ってしまったことや・・かかりつけの獣医さんに点滴をしてもらったことなど・・全て話しました。

「全力でお預かりします・・」

そう言って貰えました・・。ただただ・・その言葉に今はすがる思いだけです。

きっとLOVEは帰れるよね・・・。
帰りの道で・・ようやく話らしい話をした・・ぞうとガキンチョ・・。
無言で・・同じ判断をして・・でも、今日でもガキンチョが一緒だったから、遠い病院へ行くことが出来たと思います。
そうそう・・この朝・・LOVEは・・いつもの散歩コースを3倍の時間をかけて、おやじとしました。悪くなってからは・・家の周りを・・うろうろするだけでした。
おやじは・・嫌な予感がしたそうです。そして・・お昼には・・また入院騒ぎ・・。
おやじも遠い病院へ行く直前にはLOVEにも会えました・・。
「俺だと・・頑張ったりして甘えられないんだよ・・」「あいつは・・あんただから・・苦しいときは苦しいって表現するし・・嫌なときも嫌って表現するだけ。だから・・今日あんたがいたから・・こうなったし、それでいいんだと思う」
そう言い・・残った大地とEARTHがいる家に戻りました。

「家族」・・・。
数年前、TVに放映されたうちのテーマは「家族」だった・・。でも、その時は・・実際の映像を見てそんな題がつけられていたことを知りました。
家族のあり方はそれぞれだけど・・・ぞうの家のあり方は、これなんだと思いました。

LOVEだって・・正真正銘のぞうの家の家族・・。
難しい説明や・・言葉?はなくても・・きっとわかってくれるはず・・。
それを・・気にして、信用しなかったのは・・ぞうなのです。
[PR]

by gorubani | 2008-04-08 00:25 | LOVE&大地&EARTH  

コミュニケーション (お当番・LOVE)

LOVEの調子が悪くなってから・・「時の流れ」が・・いかに自分勝手なものなのか・・と言うことを痛感しました。

どんどん悪くなっていく・・状態。なのに・・検査の結果が出るまでの・・何と長いことか・・?
勿論、確定診断が出てから決める・・と・・決めたのはぞう・・。
臨床的な症状は・・ほぼ揃っているのですから・・確定診断が出ないうちでも出来るし・・甲状腺のことがなかったら・・もう少し・・早く判断したのかもしれません。
ただ・・結果を待っても出来るだろうと・・楽観していました。
でも、その急激な全身状態の悪化は・・想像以上でした。
この状態で・・治療は無理じゃないかと思います。

LOVEはお花見の夜には・・好きなおやつも食べなくなりました。
翌朝には・・水も、少しずつしか飲めず・・口をこじ開けて強制的にフードを入れないと食べません。
うまく動かない体で・・逃げる・・。そして・・ぞうの顔を見ると・・逃げるようになりました。

息も更に荒く・・また心配になって・・病院へ連れて行きました。
「吐かないなら大丈夫・・」とは言われ、熱があるためだろうと・・抗生物質を貰いました。
何とかこれも・・飲めたのはその日だけ・・。その日はガキンチョが飲ませてくれましたが・・今日はぞうしか家にいなかったので・・飲ませましたが・・完全に拒否!(笑)お手上げです。

診断が出てからでも・・これからどうするのだろう・・・。
本当は・・診断が出たら・・いつのもかかりつけの獣医さんに相談しようと思っていました。
勿論、もっと状態が良くて・・リンパ腫の治療でしたら・・このまま遠い獣医さんで治療を受けようと思っていました。けれど・・ここ最近の通院状況を考えても・・今までは何とか出来ても・・これから先は・・出来ないことも多くなるだろう。
入院させたくない・・と・・思っても・・通院じたい、ほぼ毎日になっているし・・LOVEのストレスは一緒じゃないかとも・・。仮に入院させても・・面会もままならない距離です。
それに・・連日の受診で・・正直・・病院側にも、うさんくさがれているのじゃないか・・?などなど・・疑心暗鬼にもなっていました。
変なところで・・こういうことにこだわる・・自分・・。コミュニケーションって・・本当に難しい。
そう・・思いは・・うろうろ、移ろいやすく・・その変化はLOVEの状態以上に変化してしまいます。
LOVEのため・・なんて言いつつ・・全く自分なんだ・・!!

自分の判断に・・がんじがらめになって・・身動きできなくなってきました・・。
じゃこのまま・・結果が出るのも待てない・・。
先走って・・空回り・・・それも自分だけじゃなく・・周りも振り回す・・。
典型的な・・ぞうの・・悪い部分です。(笑)

どれだけの時間・・考えたのか・・?
気がついたら・・いつもの獣医さんに電話をしていました。
内科的にはこの地域では一番だからと・・幸い・・下痢の件で受診していたことは知っていたし・・ここからこんな状況になってしまったことを伝えました。
「とにかく・・連れてきて・・。それから・・今何がいいか・・考えよう・・。」といってくれました。
「とにかく・・今の状態が良くなるようにするしかない・・結果を待つ間・・苦しめてどうする・・?僕でできる事は何でもしますよ・・。少し預かって・・点滴をして・・熱をさげましょう。この状態で無理に食べさせたり、薬を飲ませたり・・いくら犬相手でも・・やっちゃいけない。」
「これだけ・・やってもらって・・この子は幸せだと思っているよ・・。LOVEがあんた達に恩返し出来るのを手伝うから・・」

この言葉を聞いた時・・人前なのに・・ぞうは号泣してしまいました・・。
短い経過の説明なのに・・、ぞうの今の思いに対しての・・思いやりを感じました。

ごめんね・・LOVE・・。
せめて・・今日1日くらい・・家でゆっくりさせてあげたかったけど・・。
別れ際の・・不安そうな顔がまた目に焼きついています・・。
「明るい介護」などと・・言いつつ・・親の介護もそうだけど・・LOVEの介護も出来ない・・。
本当に・・情けない・・ぞうです。
[PR]

by gorubani | 2008-04-07 14:46 | LOVE&大地&EARTH  

繋がっているもの・・。 (お当番・ぞう)

前回の投稿の通り、翌日に受診してきました。
幸い・・・先生の手術は終了し・・状況もしっかり伝わっていて・・取りあえず、甲状腺の薬だけでも始めることになりました。

何とか歩けても、後ろ足・・特に右足が弱く・・左に傾いてしまうこと・・。
食べたいのに何故か・・食べ辛く・・水を飲んでも・・むせること・・。
息使いも・・かなり荒い時が多いこと・・。
などなど・・気がつくことは伝えました。

多分・・首や足(検査をした部分は右後ろ足のリンパの腫れからです)のリンパ腺の腫れが大きくなってきていると思います。取りあえず・・呼吸にも異常がなく・・ただただ、結果を待つ・・しかありません。

でも・・この時は・・そうでしたが・・今のLOVEは・・症状が更に進んでいます。
おやつも・・食べるものと食べないものがあるし・・フードは全く食べません。
外へは行きたがりますが・・家の前でウロウロするだけで・・足が前に進みません。
今日1日でも・・午前中とでは全然違う位・・進んでいると思います。
先生が「こんな症状(酷くなっている)はありませんか?」と・・・聞かれた時はなかったことが・・もう1日位で・・出てきています。それで・・「ああ・・こういうことなんだなぁ~・・この間聞かれたことは」と・・言う感じです。ただ・・水はむせながらもたくさん飲めています。この多飲も症状のひとつのようですが・・。

以前・・「明るい介護」を目指す・・と言いました。
ただただ・・心配なだけですが・・その気持ちには変わりはないつもりです。
ずっと・・傍にいてやりたい・・と思うけど・・それが叶わないのが辛いだけ・・。
でも、ずっといたら・・ぞうは耐えられるのか・・?とも思うし・・自信がないです。
仕事が・・恨めしくも思うけど・・仕事をしている間は・・瞬間的にでも忘れられる・・。
そういう意味では救いです。
LOVEは今だけを考えているのですから・・始終心配そうな顔のぞうを見ていたらどうだろうか・・?だと思います。

結果が出て・・どうしよう・・。
などと・・考えていても仕方のないことなんですね・・。
何よりも・・きっちりと・・「覚悟」を決めて・・今を考える。LOVEは何をしてほしいのか・・?と・・。
言葉は言わないけど・・そう、LOVEが教えてくれているようです。

皆で桜を見に行こう!!

幸い近場に大きい公園があって・・桜は今日を逃したら散ってしまう勢いです。

あんたは・・外が好きだしね・・。そんなときしか「いい顔」しないもんっ!
いい顔・・させてやるよっ!
そうそう・・入院する日だって・・実は山に行っていて・・お昼にはおやつを見て生き生きしてたもんねっ!
あの山は・・あんたがいなけりゃ・・買わないし・・今の姿にもなっていなかったよ・・・。
凄いよね・・人間を操って・・ここまでさせる犬なんて・・お前以外にゃいない・・。
いたら・・出て来いっ!!だよね・・。(笑)

そして今・・年から月・・日から時間・・どんどん進んで分・・秒・・・。
時の刻みの最小単位まで・・貴重だと思わせてくれて・・
名前の通り・・「loveunlimited ∞」名に恥じぬ・・名犬です。
飼い主として・・絶対!!ここからは・・ぞうの底力を見せてあげます。(^-^)/

皆さんの暖かいコメント・・お返事が出来なくてごめんなさい。
こんなに「繋がっているもの」を感じたことがありません。
一度もあっていなくても・・繋がるものはあると・・確信しています。

犬なのに・・快く受診の時は休みをくれる職場の人達・・。
密かに・・2人で貯めていた・・資金を、LOVEの治療費に充ててと・・くれた、ガキンチョとその彼・・。すぐに電話をかけてきてくれたバニの友達・・。
そうそう・・40キロ近くを・・2階まで担ぐおやじ・・。(笑)
そして・・大地とEARTH・・。
「ウコンがいいんだって・・思い出したんで言いにきたよ」とわざわざ来てくれた、ご近所のおばちゃん・・。
人工呼吸器を付け・・自分の病気とも闘いながらも・・「元気のパワー出すね」と言ってくれる、ぞうの受け持ち患者の子・・・。

きっときっと・・LOVEは答えてくれると思います。

d0065484_284246.jpg


d0065484_2101596.jpg

[PR]

by gorubani | 2008-04-06 02:10 | LOVE&大地&EARTH  

退院しました。 (お当番・ぞう)

3連投のぞうです・・。

昨日LOVEはリンパ生検をすませ、何とか・・退院しました・・。
約4日間の入院です。

面会の度に気になっていた・・腰抜け・・は酷くなっていて・・2人のスタッフさんに抱えながら・・ぞうの車に乗りました。
元気のない・・顔も気になっていて・・・食欲は戻っていますよとは言われましたが、実は、「おやつ」を持ってきていて・・早速あげてみました。

もし・・食べなかったら・・どうしよう・・・。
LOVEのバロメーターは・・とにかく「食欲」・・。すぐ食べてくれて・・ホッとしました。

実は・・甲状腺の検査結果が出ていて・・その数値は・・測定不能以下の低値で・・甲状腺機能低下症は確定しました。正直・・この検査をしたことなど・・忘れていると言うか・・ぞうの中ではどうでもいいことでした。
結果を聞き・・リンパ腫で頭の中が一杯だったけど・・甲状腺の症状も重なっているのだなぁ・・と改めて思い知らされました。

一応・・リンパ腫の結果が来週出るので・・それまでは・・このまま何もしないでと言うことで病院を後にしました。
下痢も熱も治まったし・・大丈夫だろうと・・。

けれど・・家に帰り・・その足や腰の力の弱りように愕然としました。病院はフローリングだし、滑るから・・と思いましたが・・ついこの間まで・・しっかり歩けた所も・・全くだめでした。
2階がリビングで・・いつもの居場所なので・・おやじが抱いて上げたけど・・全く足が前に出ないのです。
病院で狭い所に入れられて・・出れば・・検査・・。
今まで・・かくしゃくとしていた老人が・・2~3日で・・足が弱り・・行動がおかしくなるのを何回も仕事で経験していたぞうにとっては・・・本当に「痛い」思いでした。

「こんなおじいさんじゃありませんでした。何があったのですか?」と・・怪訝そうに戸惑い言われる家族の思いが・・こんな場面で心底理解出来ました。

本当に・・何のために・・入院させたのか・・?
全く・・LOVEのためにじゃないんじゃないか・・?と・・。
何とか・・寝ても落着かない・・。息使いも荒く・・病気が悪さをしている以上に、精神的にも負担をかけさせた・・と思いました。
1年以上前に・・買った「介護用品」を早々に出しました。その時は・・使わずに終わったのにね・・。もう・・金輪際・・・入院はさせたくない・・そう思いました。

そして、「リンパ腫の結果まで待てない」と思いました。とりあえず・・甲状腺の治療だけでも始めたいと思いました。
朝になり・・思い切って病院に電話しました。院長先生は本日はお休みで、明日はいるのはわかっていたので・・明日受診させたいと伝えました。
仕事の都合もあるのですが・・明日の午後ならなんとか受診できることを言いました。
あいにく・・院長は手術で・・午後の診察はないとのこと・・。他の先生でもいいし、同じ院内にいるのだから・・伝えてもらうだけでもいいし・・。受付の人じゃラチがつかず・・・とうとう他の先生に変わって電話にでてもらい・・こちらの思いを伝えました。

勿論これは・・ぞうが今のLOVEが受け入れられないと言う・・自分の思いに対する要望です。
勝手な言い分だし・・第一、それで今回も入院させたわけで・・後悔した矢先なのにね・・。(笑)

電話に出た先生は・・6時半なら・・多分いいと思う。手術が長引いて・・他の医師でもいいなら・・と・・了解してくれました。
リンパ腫の結果が出なくても・・とりあえず・・甲状腺の治療は先行して出来ますから・・と。

たかが・・1週間・・。でも・・とても長く感じます。
治療は・・リンパ腫の治療とも平行して出来るようです・・。
でも・・やっぱり・・・リンパ腫の治療はどうだろうか・・?とまだまだ・・うろうろの気持ちのぞうです。多分・・見ていられなくて・・やってもらうのだとは思いますが・・。

幸い・・今日は・・大分・・足もしっかりしてきて・・食欲はあるし・・少し安心しています。

d0065484_0555187.jpg


とうとう・・使用することになった・・介護用品。
でも・・優れものです!
少し落着いた・・LOVEです。やっぱり・・この狭くて・・ガチャガチャなうちがLOVEにとっては安住の地なんですね・・。大ぽん・・しっかり寄り添っています。本当に大地はしっかりしてきて・・頼もしいです。
[PR]

by gorubani | 2008-04-04 01:03 | LOVE&大地&EARTH