カテゴリ:びょうき( 52 )

 

とうとう・・本日の結果報告・・。(笑) (お当番・LOVE)

予定通り・・昨日は大学の教授先生の受診を受けてきました。

前回に書いた通り・・「歯」が抜けてしまったので・・時間より早めに病院へ到着しました。
今回は・・父ちゃんもお休み・・なので、EARTHも一緒に・・、一家総出!!です。(^^;;;(笑)

早めに着きましたが・・取り合えず、常勤の腫瘍の先生が、すぐに診てくれました。
「あぁぁ・・根から綺麗に取れていますね・・」
持参した「歯」を見て・・言いました。
腫瘍に一番近い・・歯のようでした・・。顔の腫れも・・抜けた時より少し広がっています。

先生曰く・・「歯が抜けたことで・・そこに腫瘍が更に広がることが多い・・。ただ、歯にも腫瘍があって、その痛みが抜けた事で楽になったのでしょう・・・」

とのことでした・・。
そして・・大地は事前検査のために・・そのまま獣医さんに置いていかれました。

教授先生の診察まで・・約3時間・・近くに有る、運動公園で・・・時間つぶし・・・。

ようやく・・時間になって病院に着くと・・それはそれは・・車だらけで・・他県ナンバーとか・・、待合室も相当な混み様で・・こんなに込んでいる獣医さんは初めての経験でした。

待合室に居ると・・またもや偶然!掛かり付けの獣医さんが同じのバニのブリーダーさんに会いました。
(以前書いた・・アニマルコミュニケーションを取り次いでくれた方です。)
ガンの子が居て・・週1回通院しているとのこと・・。また、股関節の検査はこの病院で確認しているとのこと・・。事前にいろんな、この病院の情報も聞かせてくれました。
何よりも・・1頭1頭・・大切にして、ブリーダーをされて居るので感心してしまいました。

今回は・・父ちゃんにもあえて・・診察室に入ってもらいました。
ぞうさんは・・やっぱり心細いのだろうし・・今までの経験で・・父ちゃんが居るだけでも向こうの対応が違う!!と・・言うのです。「別に・・日本1・・とかだからじゃないよっ!」とか・・言っていますが・・。(笑)

では・・診察です・・・。
結果的には・・「口の中以外は・・健康体!」だ・・そうです。

腎臓はやはり、気になるが・・今、栄養状態が悪いとか・・貧血が有るわけじゃない・・。肺など主要臓器にも転移は無いし・・「諦める時期には到っていない・・」と・・。
諦めてしまうなら・・ステロイドをこのまま増やすことも有り・・だが、ジリ貧になってしまうので・・今一度ステロイドを減量→辞めて・・腫瘍効果のある薬に戻すこと・・。(ステロイドと腫瘍効果の有る薬は一緒には出来ないので・・)
その間に・・・腎臓の数値を見て、悪化しなければ・・放射線もあと2回は緩和的に使える・・とのことでした。

今なら・・十分に体力も残っているし・・ステロイドを辞めれば、痛みが出てくるだろうが・・
「まず・・1ヶ月、自分の犬を信じて・・やってみる」のはどうだろうか・・?と・・。

そして・・食事とかも腎臓に良いものを勉めて考えて、抗生剤も飲まずに・・まず、口の中の消毒と痛み止めの軟膏でやってみる・・。
まず・・そこから・・始めてはどうか・・??と・・。

日本1番先生は・・「まず、振り出しに戻って・・昨日書いたような・・単に薬だけに頼らず、基本的な食事や日々のケアーを重視して・・」と・・言われたと受け止めました・・。

確かに・・痛がるのが可愛そうで・・とか、食べないことをとても気にしたり・・ステロイドを使えば必ず効果があるのは解りつつ・・逆戻りを怖がっていたのはぞうさんでした・・。
そのくせ・・薬が増えてしまうことも怖いし・・長期になるのも不安だったり・・確かに、大地のガンは主要臓器の転移が遅く局所の症状が派手になるので・・そのような思いに囚われても仕方ないとも言われました。

「大抵の飼い主さんでしたら・・獣医に、諦めた方が良いと言われれば、諦めちゃうのも仕方ない。でも、諦めたと言っても・・心配なことはドンドン増えて来てしまったりする。今諦めきれないのなら・・もう1度諦めない方法をしてみる・・。やれることが有るなら・・やってみないとわからない。」

正確ではないですが・・このようなことを言われたと・・感じます。
魔法の方法は無かったけど・・(笑)流石に話はうまい・・・。

僕から言わせれば・・ぞうさんなどは、例え大地が亡くなっても・・諦め切れなかったり・・仮に諦めれても・・大地が亡くなる「その瞬間」・・なんじゃないか・・??と思えてしまいます・・。
本音とは裏腹に・・無理やり諦めるプロセスを踏むことの方が辛いに決まっています・・。

とは言え・・微妙~・・・なのは・・・ぞうさんがどこまで耐えれるのだろうか・・??
ネックは・・たた、それだけ・・のようです。
でも・・これもやってみないとわからない・・・。

で・・取り合えず・・「日本1の教授特別診察」(笑)を・・2週間に1度受けることになった・・大地さん・・。
僕は・・とっとと・・逝っちゃって・・良かったなぁ・・なんて、思う気もする・・。(笑)
[PR]

by gorubani | 2009-11-15 01:07 | びょうき  

とうとう・・本日 (お当番・LOVE)

本日は大学病院の教授先生の診察日です。

受診が決まってから・・約10日・・。
とにかく・・この日まで、現状維持でが目標でした。

ステロイドも取り合えず、同じ量で・・痛み止めも殆ど使わずでしたが・・
やはり・・今週の月曜日に持続の抗生剤を打ちましたが・・
頬の腫れが微妙に上向き・・・で、目の下の頬骨まで来ている気がしていました。

出血は増えてはいないけど・・ジワジワあるし・・そのせいだけじゃなく、口の臭いも目立つ・・。

持続の抗生剤も・・獣医さんの在庫が切れていて・・約1週間位しか効かない量しか打てませんでした。
不手際・・と言うことで・・抗生剤1回15000円弱の料金はサービス・・となりましたが、逆に・・だから今回は効いてこないのか・・??
何だか・・1回目の注射とは、色も違っていたので・・効果が低いのか・・??などなど・・・
不安でした。(単に安かったり・・無料・・と言うのは逆に不安になる・・微妙なぞうさんの心理・・)(笑)

そして・・昨日ようやく・・大学で行った放射線の量と抗ガン剤の種類と量の返事が主治医経由でありました。
月曜日に行った時、問い合わせているが・・返事がまだ・・と言っていました。
大学の返事が遅いのか・・主治医が遅いのか・・??ですが・・・
とにかく・・やきもき・・してしまいました。

特に・・大学の治療自体は・・全て口答説明だけで・・検査結果も何も手元に有りません。
今時・・身近の獣医さんでも、ちゃんとデーターはくれるし・・レントゲンやCTなど、見てもあまり解らない?ものまで、こちらが言わなくてもくれるのに・・・
放射線などをする場合は・・ちゃんと「治療計画書」くらいあっても良いかと・・。

僕のリンパ腫の抗ガン剤の時も・・治療計画をくれましたが・・治療半ばで、こと切れてしまったけど・・
いくら・・ローカルな大学病院とは言え・・このような細かいことが、今となっては・・ブツブツと思ってしまうぞうさん・・。(笑)

そして、腹黒いことばかり・・考えていたせいか・・・とうとうショッキングな出来事が起ってしまいました。


夜ごはんの最中に・・・大地の「歯」が抜けてしまいました・・・。(x_x;)

食欲は有るけど・・何となく、食べはじめのスピードが遅い・・??と感じていましたが・・突然口の中のものを吐き出しました。
その中に・・「歯」が・・・。(^^;;;

ビックリして・・どこの歯か確認しようとするけど・・嫌がるし、良くわからない・・。
多分、奥歯・・ですが・・口を無理に開けると・・痛がって悲鳴のような声を出すし・・。

抜けた歯・・は、良く見ると・・何だか根っこは無いので・・歯の根はまだ歯肉に残っているようです。
出血も殆ど無いし・・・逆に抜けたと途端に・・大地は凄い勢いで食べ始めました。
すっりして・・食べやすくなったのか・・抜けて痛みが取れたのか・・・??
念のため・・飲み薬の抗生剤を1回分飲ませちゃいました・・。

放射線の影響・・??
何だか・・解けているような・・歯だし・・・。
腫瘍が歯をかなり、侵しているのか・・??

緊急に何か・・・ともないようなので・・今日その抜けた歯も持参していきますが・・・。

元々・・歯肉炎が目立ってきてからは・・1日2回歯磨きをしていましたが、腫瘍が広がって痛くなってからは・・
どうしても・・おざなり・・でした。上唇の裏までかなり・・腫瘍は大きくなっています。
ご飯も・・柔らかいものばかりになっているし・・・つい、あくびをしても・・ギャン!!とか言っているのをみると・・「まあ・・いいか・・」的になっていました。

獣医の方針のことで、一杯一杯になってしまって・・こういう地道な事が抜けてしまっていました。
家族が出来る・・そして、家族でしか出来ないケアーなのにね・・。
心新たに・・せねば・・。

今日、診て貰う先生は・・・主治医曰く「腫瘍では日本1」!!とか・・言います。
知っていたなら・・そちらから、ちゃんと言ってよ・・ってなものですが・・・
どちらにせよ・・・ちゃんと「腹」が決まらなければ・・本当に意味で大地にとって良いこと・・は出来ていないのだと思います。


大地よ・・・僕は急に逝ったので・・ぞうさんはまだまだ教訓が不十分なんだね・・。
そういう意味で・・やっぱり大地は大地らしくやっているので・・ちょっと偉いなぁ~・・とか・・
思ったりしています・・。
[PR]

by gorubani | 2009-11-14 01:24 | びょうき  

有名人・・・??からのエール (お当番・LOVE)

大地が病気になって・・沢山の方々から応援のエールを頂いており、本当に感謝!の毎日です。m(__)m

おまけに・・ぞうさんまでにもっ!!(^^;;;

本当に本当に・・僕からもお礼を申し上げます。

そんな折・・ぞうさんの元受け持ち患者さんからも、応援のエールを頂きました。
この方は・・TVにも出た有名人・・??であり、その道・・?の学会発表とかにも発表され、有名な某大学病院のサイトにもネットデビューした人なのです・・。(笑)
そして・・ぞうさんの現役時代最後の・・小さくて可愛いぃ~患者さんなのです。
(ぞうさんは・・この子に・・何度と無く、ビンタ&蹴りを入れられ・・モンスターペイシェントと呼んでいますが・・)(^^;;;

丁度・・僕が悪性リンパ腫で入院している時も・・ピカソ級??の絵を書いてくれました。
当時は小学校入学の時期でしたが、ちゃんと字も書けていて・・「らぶちゃん」って・・てね・・。(^-^)/

要は・・子供・・なのですが、それは、それは・・大人でも耐えられないような・・沢山の痛いことや、苦しいことを乗り越えて・・今は元気に普通の学校に通うことも出来ています。
生きるか・・死ぬか・・ではなく・・このままでは、必ず亡くなってしまう・・そんな病気に耐え、お母さんの体の一部を貰って・・・。

もう・・諦めた方が良い・・。
偉くて、大先輩の先生達が口を揃えて言う中・・その子の担当の先生は決して諦めることはしなかった。
雲の上のような・・大学病院の教授に・・直談判したり・・、何しろ「白いキョトウ」の世界です・・。
そして・・何より、ご両親も諦めなかった・・。
日本でも・・・・特に子供では殆どない・・症例と手術・・。
また・・手術に行き着くまでにも・・・何度も「もう・・無理か・・」と言う修羅場を潜り抜けて・・・。
ぞうさんも・・初めは、諦めてしまいそう・・だったのですが、「生きたい」!!って言う・・その患者さん自身の気持ちに触れることが出来た・・・。
子供なので・・言葉もうまく表現できないし・・・ぞうさんとかには、暴れまくっていた子なんだけど・・何故か、そう・・感じたんだって・・。
やはり・・「戦わなければ・・本当のコミュニケーションは出来ない・・」って言うことで・・。(笑)


だから・・ぞうさんなりに・・いろいろ勉強したり、情報を得たり・・。
大地に勧められた・・「胃ろう」や「痛み止めの薬(モルヒネなど)」の知識も実は・・この時の患者さんとのことが大きいのかもしれません。

リンクを貼ったサイトは・・・人間用のものですが・・確実に僕達、動物にも飼い主として、どこかで考えるきっかけになると思います。
だって・・家族・・・。そして・・特に僕達は・・飼い主に考えてもらい、見送ってもらうこそが1番の幸せであって、飼い主が先に死んじゃったりすることの方が何倍も悲しかったり、辛いのですから・・。
(飼い主自身だって・・ご家族とか・・将来参考になるかも・・ですので・・)
そして、現実に・・獣医さんにも、このようなことが浸透している時代・・なのです・・・。

ただね・・これをそのまま、今後の大地に・・とか・・そう言うことじゃないと思っています。

人間も動物・・・。ぞうさんだって・・いつかは・・亡くなるのです・・。
だから・・きっと、「死の受容」なんて格好を付けるのじゃなく、自分も家族も・・・「生への執着」・・・で良いんだと思います。

とにかく・・有名人のご利益が・・大地にありますように・・。(^人^)

d0065484_120855.jpg

[PR]

by gorubani | 2009-11-11 01:38 | びょうき  

決して・・諦めない・・。 (お当番・LOVE)

今回の週末も・・平穏無事~の山通いが出来ました。

山は・・いつの間にか秋も過ぎ・・冬の気配が・・・。夜は暖房を入れないと、凍えてしまいます。(笑)

冬支度・・?ではないですが、父ちゃんはログのペンキ塗りを始めました。
小屋を建てて・・もう8年目・・。2度目のログのペンキ塗りです。

d0065484_16113591.jpg


EARTHは相変わらず・・・山の隅ずみまで、駆け回って・・・

d0065484_1614508.jpg


怠慢大地は・・小屋の中で・・

d0065484_16183883.jpg


でも、最近は・・山の上の僕の場所まで、自主的に上がって来ています。

d0065484_16223758.jpg



そして、下界に戻って・・今日は掛かりつけの獣医さんの診察にいきました。
受診自体は、2週間前・・。2週間効果がある抗生物質の注射が切れる頃なので、受診しました。
2週間とは言え、週末あたりから・・効果が減るのか・・やや腫れが目立つ大地でしたが、
食欲もあるし、臨時の痛み止めも使わず、2週間過ごせました。

体重も・・ほぼ病気の前までに戻りました。
恐ろしき・・ステロイド効果・・・。(^^;;;
ぞうさん自体も・・「これ位だったら・・」とか・・ようやく、大地の状態が把握できるようになってきているみたいです。

大地のような、ガンにステロイドを使い続けることは、相対的には、死期を早める・・・と言われています。
一旦は、抗ガン剤を使うときの一環で始めたステロイドですが、減薬できず・・また、抗ガン剤も使えない・・との判断でしたので、そのまま・・ズルズル・・と・・。
でも、今・・大地がそれでも・・何とか今の状態を維持できているのは・・ステロイドのお陰・・。
明らかに・・痛みや辛さが出てくるのを・・分かって見ていることは出来なかったのだから・・ね・・。
(結局・・我慢させても、腎臓で、抗ガン剤中止となったんだから・・無駄じゃなかった気もします・・)

今後・・更に良い方法を求めている状態ですが・・・
流石に・・・ぞうさんの、獣医医療不信は結構にあるなぁ・・・とか、思います。(獣医個人の器の問題ですが・・)

いつかは・・考えなきゃならない・・「胃ろう」・・・や「モルヒネ」についても・・・ぞうさんは職業柄、必然的に知りすぎている・・・のが厄介と言えば・・厄介・・・。(笑)

まっ・・・、大地のために・・素直、素直!!に・・そして、したたかに・・・、でしょうか・・??
[PR]

by gorubani | 2009-11-09 17:30 | びょうき  

ご飯と薬・・サプリメントなどの工夫 (お当番・LOVE)

今回は、病気で食欲がない・・または、大地のように口の中に腫瘍とか・・痛くてなかなか食べれない時の、ぞうさんなりの「工夫」を紹介します。

要は一般論ではなくて・・大地の場合ですので、あまり参考にはなりませんが・・・。

まずは、今大地が飲んでいるレメディ、そしてサプリメントのご紹介です。

「コンビネーションレメディ」
これは、ホリスティクの獣医さんの処方です。ガンに対する総合的な効果を期待して・・。
蒸留水で規定の量まで、薄めて・・1回0.5ccを15分おきに10回・・。(^^;;; 2時間以上掛かります。透明の水みたいです。
ただ・・大地は、「液体」にとても敏感と言うか、「与えられる行為」にとても警戒があるので、10回なんて・・とても出来ません。でも、可能な限りでOKなので、何とかやっています。
本当は・・好きなものと言うか、食べ物に混ぜると効果が減るらしいのですが、飲まないよりはマシということで・・。油分の多い生クリームとか・・なら良いそうです。少量のクリームにたらしています。

「ゼオライト」と「水素水」
ゼオライトも、透明な液体・・。腎臓が悪いと・・活性炭のような薬を出されますが、活性炭より効果があるものです。1回5滴を1日2回・・・。これは「水素水」で薄めて氷にして食べています。
「水素水」は普通のお水替わりに・・・。でも、かなり高いので・・適宜です。
どちらも、デトックス効果、免疫力UP、大地の場合は腎臓の手助けに・・・。
こちらは、人間用ですが、特に水素水は腎不全の猫ちゃんにも効果があるようで、全国で数軒、「水素水の点滴」をしてくれる獣医さんが居るみたいです。

「はなびらたけ」と「Dフラクション」
これは、ぞうさんの判断で・・・。まいたけ・・などのキノコ類がガンに良いそうで・・・。
はなびらたけ・・は「錠剤」なので、OKなのですが、Dフラクションは・・液体・・。(^^;;;
市販の空のカプセルに入れて飲ませていますが、大型犬は相当の量が必要だし、何しろ・・高額・・。
終了次第、「イムノエース」に変更予定です。
多分、これらは・・獣医さんでも薦めている先生がいるようです。(一応、動物用です)

「オメガ3」
これは要は・・魚の油・・。やはりガンに良いそうです。
ただ・・大地は、魚の油の匂い?とかが嫌いなので、ご飯とかに混ぜられないので、ソフトカプセル状のものを使っています。

以上がやっとこさ・・で飲んでいる(食べている)ものです。
ここまで行き着くまでにも、錠剤でも絶対にダメ!な・・サプリメントもあって・・(匂い?)EARTHに回したものもあります。(笑)
あと・・他に気になっているサプリメントに「イペット」と言うものがありますが、今でもやりすぎ・・とも思うのでやめています、

一応・・『』のものは、ネットで検索すると、沢山!ヒットしますが、まがいもの・・も多く有るので注意です。
多分・・これらは、ガンになる前に・・・の方が良いと思いますが、やはり・・・なってしまってから、ようやく購入の決心が付くものなのかも知れません。(だって・・・お値段が・・・)(´ヘ`;)

あと・・これに「ガンを撃退する・・ペンダント」・・が加われば・・・ぞうさんは相当に、やられてしまっている・・と思って下さい。(流石に・・今はそれは、ないですけど・・)(笑)

あとは・・ご飯・・・。
大地は口の中が痛いくせに・・流動状やペースト状のものは食べず、最初に行き着いたものは、一応総合栄養食と名の付いた、ソフトジャーキータイプのフードでした。
それまで良く食べた、生肉や冷凍フード、ささみの茹でたものも全てダメ・・。
なので・・拒否されまくりの、ぞうさんの手作り食・・??を試行錯誤・・しつこく試していました。

で・・通称「おとり食」の作成に成功しました。(^-^)/

大地は、スポンジ系やパン系が好きなので・・小麦粉に豆腐のつなぎの中に流動状の栄養食や野菜、魚、お肉などを混ぜて焼く・・のです。これに、フードのふやかしたものや、冷凍フードと一緒に・・・と言う感じで・・。
見た目が酷い・・ので、恥かしくてお見せできませんが・・大ヒット!
犬のご飯のレシピを見るたびに、現実とのギャップにため息・・ですが・・・

「大地が食べるものが、大地の体が欲するものよっ!!」

と・・・吼えて納得・・してるぞうさんなのです・・・。

そういえば・・免疫療法は・・今の大地の場合、ステロイドを飲んでいるので、やることは難しいそうです。
ステロイドはリンパ球を減らしてしまうので、リンパ球を増殖して体に戻すこの治療は増殖に時間がかかったり、そもそも増えないこともあるそうです。
「せめて・・ステロイドを始める前に、採血をしておいたら・・」と・・言われました。(x_x;)

しょがないよ・・ね・・。
その時は・・その時で、出来る限りのことを考えた結果だもん・・。
でも、ぞうさんの手作り食の試行錯誤・・みたいに・・諦めず・・だね・・・。(^-^)/
[PR]

by gorubani | 2009-11-07 00:42 | びょうき  

山に通っていまぁ~すっ! (お当番・大地)

今や、話題の的・・・お久しぶりぃ~・・の大地です。(^-^)/

何だか・・ぞうさんは、相当荒れて?(笑)いますねぇぇぇ・・・。
僕的には・・「おら・・知らネェ~・・・」です。

ガン・・と言うものを、患っているようですが・・いたって僕は普通通りに、散歩に情熱を燃やし・・山にも通っています。

d0065484_22345756.jpg


はい・・先週末の僕・・。余命宣告?をされた・・犬です。(イヤミ・・だね・・)(笑)

d0065484_22384978.jpg


お前にはまだ・・山を独占させんぞっ!(`へ´)

d0065484_22415023.jpg


・・・一応・・・仲良さげに・・一緒・・・。

でもね・・EARTHも、僕とぞうさんでのお出かけにも、それなりに・・一人でお留守番出来る様になってます。
「全く・・一人でお留守番をしたことがないのは・・大ちゃんだけだよっ!」って、言われます。
確かに・・LOVEさんが病気の時は、僕はEARTHが居たし・・犬生9年半以上経ちますが、1度もひとりでお留守番をしたことが有りません。
そんなことも・・良く、「ちゃっかり」・・・とか言われます。(^-^)/


ところで、僕は今日・・腫瘍認定医さんの居る獣医さんに行きました。
車で1時間半位・・掛かりますが、どうやらぞうさんは、大学まで車で運転して行けて自信が付いたようです。
「とにかく・・他の獣医さんの意見を聞きたい」・・と言う、ぞうさんの自己満足のために・・・。(笑)

そこの獣医さんには、月に2度・・違う大学の動物病院の院長で腫瘍の教授・・と言う人が来て診てくれます。
「その先生に診てもらう以前に、問題外・・と言われてしまうかもしれないけど・・」と言う気持ちで行って来ました。今日は、その教授さんの来ている日ではないのですが・・。

経過をお話して・・結果的には、やるか、やらないかは別として、麻酔とか、腎臓に負担の少ない抗ガン剤は使える・・そうです。(個体差にもよりますが、もっと腎臓が悪い子でも・・コントロールできているそうです)
やはり・・血液だけじゃなく・・おしっこの比重も測ることが大事だそうです・・。

放射線も、僕が受けた機械の性能では、効果があっても腫瘍表面が限界であって、深い部分には効果が少ないそうです。僕の扁平上皮ガンと言うのは、肺に転移しやすく・・転移したら、本当に苦しくて辛いものになるので、しっかり「奥」を叩いておくことも、今後の経過が少しでも楽になるためには必要だと言われました。

確かに今は・・表面の炎症で痛いのですが、奥まで十分に効果の有る線量をすれば、これも楽になるのではないか・・?ということでした。
放射線量には許容量・・と言うものがあって、4回で止めているので・・まだ残りの線量があるはずなので、その分を奥まで届く機械でやることも出来るかもしれないので、どの位線量を掛けたかを聞いて来るようにと言われました。
「顎もまだまだ、開くし・・大丈夫だねっ!」って・・・頭を撫でてくれました。

以上を踏まえて、教授の先生が来る日(14日)に、レントゲンとエコーをして・・診察してもらい、今の状態と今後できる事を提示してもらうことになりました。
まだ、少し・・日にちが有りますが・・。

どうやら・・ぞうさんを、黙らせられるのは・・この教授先生・・ってことなんですね・・。(笑)
[PR]

by gorubani | 2009-11-04 23:47 | びょうき  

新たな戦いに向けてその先へ・・ (お当番・LOVE)

前回の状況以来・・今日までのぞうさんは、本当に不安定でした・・・。(笑)

確かに・・・苦痛を取り除くだけの(これも突き詰めれば本当に難しい・・)処置に方向転換を、どこかの時点ではしなくてはならないとはいえ・・・どうしてもそれが「今」なのか・・??
麻酔そのものにも、腎機能が耐えられない・・となれば、胃ろうをする時でさえダメと言う事になるのに・・・掛かり付けの獣医さんでやってもらえと・・薦める・・。
確かに・・1番ステロイドが効いているだろうけど、6回放射線をやって、それから効果が出ることも有る・・と言いながら、やはり、「もう効いていない」・・と判断し
放射線の時の麻酔も腎臓の点でもう、掛けられない・・・と言う・・。

「やっぱり・・この説明自体、矛盾を感じるし、どう考えてもおかしい・・」と言う・・結論・・。(^^;;;

あえて、言わなかったが・・(言っても・・無駄な感じだったし・・)
ぞうさんの・・悲しいかな・・なんちゃっての医療の知識が納得させなかったみたいです・・・。


その・・うんちく・・の始まり・・始まり・・・。(笑)
腎機能の指標は、BUNとクレアチニンで決まります。
良く採血で計測をしますが、本当のことろは・・おしっこを1日分溜めて・・おしっこで判断します。
しかし、おしっこの検査は時間も手間も掛かるので・・てっとり早く、採血が指標となるのです。
採血で異常が出た場合は、おしっこより後の影響で出るので・・すでに、かなり悪いとも言えます。

しかし・・BUNの数値は・・体の中のたんぱく質の残存量の指標なので、美味しいものを沢山食べたり、何かの出血があったりしても上昇します。肝臓が悪くても上がるし、単に食べたものだけでも上がるので、即「腎臓が悪い」と言うことにはならない場合もあるのです。

クレアチニンは腎臓の、ろ過機能の数値なので腎臓の処理能力を指標します。
・・・腎臓が悪い場合はBUNよりもむしろ、こちらの方が大切なのです・・。
人間の場合に限ってですが、腎不全状態と判断する場合は、もっといろんな面での数値が関係しますが、人工透析をしなければいけない状態でのクレアチニンの数値は6~9なんて言う人もいます。(正常値2.0位)
犬に人工透析・・・などはまだ有り得ないことがあっても、血液検査の正常範囲の数値は、どのような項目でもほぼ人間と一緒のようです・・。

確かに・・大地の場合は・・腎臓は良くはありません。
でも、クレアチニンは正常値ギリギリ・・ですが、保っているし・・抗がん剤をした後の採血でも上昇していませんでした。抗ガン剤を更に使えば・・クレアチニンも上昇し、腎不全状態になるかもしれないのは・・理解できますが、放射線などの時の麻酔自体まで使えない・・と言う状態ではないと思っています。
(麻酔と抗ガン剤の腎臓に与える影響は、かなり違いますから・・)
少なくても・・予定のあと2回が・・今、出来ない状態じゃない・・と・・・。
それほどまでに腎臓を危惧するなら・・抗ガン剤を使う前にも検査をしてやるべきじゃないのか・・??。

全て・・人間の場合の知識と・・適当な臨床経験しかない・・ぞうさんの見解ですし、これがそのまま犬とかに当てはまらないことも有るからです。

そして・・放射線の機械の問題・・・。
やはり・・人間用と同様なリニアックでないと・・緩和目的でも限界があるのかもしれません。
これは、この疑問を・・掛かり付けの獣医さんにぶつけなかった、ぞうさんにも責任が有りますし、それが有る施設まで行くことを躊躇したので、仕方ないです・・。
取り合えず・・言われた所へ行こう・・・と思った・・・けど、思うような効果が無いから・・感情的な責任転嫁かもしれないです。変な知識があって・・逆に自分の中で解決してしまった・・。
・・素直に言う方が良かったのですが、「医療者は、けむたがれる・・・」と思われるのが嫌だった部分が大きいです。(x_x;)

掛かり付けの獣医さんは、僕の時に、ぞうさんが職業をバラしたので・・知っていましたが、常に「お分かりだと思いますが・・」が先に口に出ていました。
でも・・ぞうさんは獣医じゃないし・・分からないことも有る・・。
通常の病気や怪我・・などでは・・それ程支障はないけど・・このような状況になると、表面上でのコミュニケーションでは済まされないこともあって・・後で後悔することにもなった原因です。

少なくても・・これは、ぞうさんと獣医さんの問題で・・その間に真に大地が居たか・・??と考えれば・・いくら犬のために・・なんて普段格好良く言っている割には・・中身がスカスカなんだよねぇぇ・・・。(´ヘ`;)
この時点で・・反省しきり・・・じゃ・・この先どうなることやら・・??です。(笑)


まっ・・後悔していても始まらない・・・。

ところで・・再度、掛かり付けの獣医さんから、大学の獣医さんへの問い合わせのお返事も頂きました。
結局は・・中止は中止・・。

じゃ・・今後、胃ろうなどをするときにも、麻酔が使えない腎臓の状態なのか??掛かり付けの獣医さんに率直に聞いてみました。
お返事は・・「点滴などを十分にすれば、今の状態なら・・麻酔などは十分に可能・・」だと・・。
ただ・・紹介した手前も有るし・・これ以上は聞くことは辞めました。
なので・・他の治療などで、新しい獣医さんに行くときなどは、これまで通り情報提供は進んでしてもらえることだけ確認しました。
お休み返上で、問い合わせたり・・ぞうの家にも電話ですぐに返事も頂けたし・・「誠意」はとても感じています。
細かいことは、いろいろあっても・・やはり、掛かり付けの獣医さんとの信頼関係が出来ていると感じられました。

あとは・・・
ネットめぐりで・・同じような経験をされて居る方や、サプリメントなどを使っている飼い主さん・・・。
ぶしつけに・・コメントをしても、すぐに快くアドバイスを頂いたり・・本当に感謝しています。m(__)m

そして・・そのアドバイスもあって・・・
ブログを開設している、ある腫瘍の獣医さんともコンタクトが出来ました。
とても丁寧にお返事を頂き・・ビックリでした。
自分のところもそうですが、距離的なことで、他の信頼のおける獣医さんも紹介して頂きました。
勿論・・自分のところで良ければ・・1度診ますとも言ってもらえました。

今回の直後に・・ある他の獣医さんに問い合わせたら・・「うちではできる事はないです・・」と・・言われ、ちょっと凹みましたが・・。(笑)

問い合わせ自体ですが・・諦めないで・・良かったと思っています。

本当に・・こんなぞうさんですが・・・僕からも宜しくお願いいたしますね・・。(^-^)/
[PR]

by gorubani | 2009-11-03 01:42 | びょうき  

新たな戦い・・? (お当番・LOVE)

前回以後ステロイドの量を増やし・・・翌日大学病院へ行った・・大地とぞうさん・・・。

結果としては・・これで大学の治療は終了~・・となりました・・・。

かかりつけの獣医さんからのステロイドの増量の連絡は届いていて・・・
大地の名前を呼ばれるなり・・「もう・・無理ですね・・」でした・・・。(^^;;;

「何が???」ってなもんで・・あっけにとられてしまった、ぞうさん・・。
もう・・・痛みを取るだけの治療しか無いとのことで・・4回やった放射線の効果も、これ以上は望めない・・。
とにかく・・腎臓・・・。
抗がん剤はおろか・・麻酔も腎臓のために使用しない方が良い・・。腎臓に影響の少ない抗ガン剤もあるが・・1回10万円くらいもするし、効果もないとか・・何とか・・・。(費用など・・何も聞いていないぞっ!)
早めに、顎が開かなくなる前に・・胃チューブをして・・・。(前は・・トラブルも多いから薦めないとか言ったのに・・)(○`ε´○)
などなど・・矢継ぎ早の説明・・・。(笑)
そして・・シメには・・・また、安楽死・・・。(^^;;;
それだけ・・厳しい経過を辿ることも、あり得ることも・・・。
わかっています・・・。1度聞く前からだって・・わかっていますって・・・。2度も言わなくてもいいです。
最終的に決めるのは・・飼い主であるし・・それを行う獣医さん達の気持ちだって、十分理解しているつもり・・。

気を取り直して・・「一応採血をして、腎機能を見てください・・」が・・精一杯のぞうさんでした。
結果は・・前回と殆ど変化がなかった・・。
だから・・・獣医さんの方針も曲げられず・・終了~・・・・。

あっけない・・・幕切れ・・でした。(笑)

ただ・・掛かり付けの獣医さんにはない・・「レペタン座薬」・・は郵送してくれて・・
骨浸潤の痛みに効果がある・・「アミノビスホスネート剤」と言う点滴は大学でもしてくれる。

と・・言う2点の収穫で終わりでした。

俗に言う・・「見捨てられた」・・・感バリバリ・・・で、家路に着きました。
横には・・ステロイド効果有り有りで・・益々散歩に張り切り、お元気な大地さん・・・。
そのうち、効かなくなるとは言え・・このギャップに素直になれない、ぞうさんなのでした・・・。

1日考えて・・少し、頭の整理がついたようで・・取り合えず冷静になりましたが・・。

で・・とにかく・・掛かり付けの獣医さんに連絡をしました。
大学の獣医さんも、連絡するとは言っていたので・・・どのような連絡だったのか・・?
また、その連絡に、こちらの獣医さんはどう考えるか・・??が聞きたかったみたいだ・・。

話すうちに・・向こうは「こちらの治療は終わりました・・」位の連絡のようでした・・・。
なので・・終了理由の内容とか・・素直に納得できていないことは伝えたところ、また再度確認して返事をしっかりしてくれるようになりました。(って・・言うか・・もう基本的に、大学には行く気もないけど・・)(笑)

でもね・・これに、頭にきて(笑)・・大地の痛みや辛さを和らげる・・って言う、最初からの思いが・・「ぶれない」ように・・・。
ある意味・・ここまでキッパリ言われたことは・・良かったのかもしれない・・。
いくら・・また、他の腫瘍の先生に・・とか思っても・・もう1ヶ月以上も経ってしまい・・再度検査やCTを・・なんて言うのは・・大地にさせられないから・・・。それで、また同じ結果だったとしたら・・時間の無駄!

本当に・・本当に・・単に病気と戦う勇気より・・緩和を目的とした方向を選択する勇気の方が、何倍も必要なんだと感じた、ぞうさんでした。
何だか・・・負けてしまうようでもあって悔しいけど・・でも、負けるが勝ち?・・って言うことだよね・・・。(^-^)/
そして・・・今後はまた、新たな戦い・・が始まります・・。

ぞうさんは、以前から気になっていた・・「免疫療法」について聞いてみました。
こちらも、やれる獣医さんは、まだまだ少ないですが・・効果のあった犬がいると獣医さんから聞くことができました。なるべく・・近くの病院に紹介は出来るようなので・・前向きに考えていこうと思っています。

と・・言うことで・・またまた当分・・僕はあの世に帰れない・・。
せめて・・バイト代として・・僕のお供え物の・・おやつの増量を希望します!!!
[PR]

by gorubani | 2009-10-30 03:53 | びょうき  

戯言と流して・・。 (お当番・LOVE)

今回は・・・何故僕が降りて来た・・??かの事情をお話します。

ぞうさんの・・・グチグチ・・・や、猜疑心にまみれている今日この頃もあって、この事を書いてしまうと、益々皆様は引いてしまうのではないかとは思うのですが・・・。
これが、犬にはまってしまい・・・破滅傾向の一人の人間の姿・・だと思っていただければ良いかなぁ~と考えています。

以前、僕が「あの世」に行って・・少し経った後、ぞうさんと父ちゃんは「アニマルコミュニケーション」と言う物を受けました。
その時思ったことは・・・亡くなってしまった後じゃなく・・今一緒に生活をしている時こそ・・必要なんじゃないか・・??だったそうです。(特に大地のこともやってもらったから・・)

今回大地に病気が見つかって・・・大地の年齢などを考えて、積極的に治すことはしない・・と思ったものの、やはりどこかに「迷い」があったぞうさんなのです。
大学に行くか・・??と言う事も・・・それなりに迷いがあったみたい・・・。
大地の気持ちはどうなのか・・??
大地はきっと・・「おら・・そんなの嫌だ・・」って・・思うに決まっているのだろうけど、どうなのだろう・・・。
飼い主として・・ちゃんと、その部分が常にきっぱり、はっきりわかって居る人なら・・こんな迷いはないかもしれません。
ペットロスの予防法??として、「常にペットとの関係に一線を引いて生活する」・・・とか書いてあるものを読んではいたそうですが・・逆にぞうさんは・・・
「何故・・あえて、そこまで自覚し続けていかなければならないのか・・わからん・・。」
「普通なら・・5年、10年近く一緒に生活していれば、それがペットだろうが・・家族の一員じゃん!」
とか・・言い、「それなら・・ペットロスに堂々となる!!」とか・・言い放つ・・・。(笑)
じゃ・・普段からは・・どうなのよ・・??と・・言えば・・その辺は曖昧でした。

このように、ウロウロ・・考えている間にも・・症状が出て来て、それに必死で・・単に目の前の状態に対応するだけの日が過ぎていく中(この繰り返ししかしていないから・・自業自得なんですが・・)
僕のコミュニケーションの時のことも思い出したけど・・・
コミュニケーションも事前予約とかまで、気が回らなかった・・。
前回のコミュニケーターさんのセッションも近くのバニのブリーダーさんの所で定期的に行われていますが、もうその日は迫っているし・・予約は満席・・・。
次回は2ヵ月後・・・。たとえ、予約をしても・・今がこんな状態なので・・その時行ける状態じゃないかもしれない・・。

そんな時・・かかりつけの獣医さんで、偶然そのバニのブリーダーさんに会い・・・急遽、枠外で・・セッションに入れてもらえました。
突然でしたので、今回は電話でのセッションでした。(この時点までにも・・偶然が重なって・・)

細かくは省略しますが・・・
大地は・・やはり、相当痛みに対して・・苦しがって居る・・。
病院は嫌・・・。だけど・・痛いのが治るのなら・・我慢して行く・・。
遠い所でも・・「僕の1番好きな席が有る車でなら・・いいよ」・・・。

「一人だけで、座れて・・寝転がったり出来て、何か大好きな座席が有るようですね・・。」
「引いてあるマットも・・これ僕が家でずっと引いていたのもだよ・・」って・・見せてくれています。

これには・・ピンとぞうさんはきたみたいです。
それは・・ぞうさんのポンコツ車の後ろの座席・・・。(笑)


父ちゃんなんかは・・「適当に言えば当たるし・・お前の車なんか気に入ってないぞっ!」とか・・言うけど・・要は自分の車じゃないのが・・おもしろくなく・・でも、思い当たるみたいだ・・。(笑)
以前の僕と大地のことも・・とても良く覚えていて・・突然にしてはビックリしたみたいだし・・・。

こんな感じで・・ぞうさんは大学行きを決意したところが大きい・・・。(^^;;;

だからね・・・僕は・・・こんなぞうさんだからこそ・・黙って見ちゃ居られないので・・出てきた訳なのです。


ところで・・・その後の大地ですが・・・
ステロイドを増やし・・約1日しない間に、見る見る状態が良くなってきました。
少し大きめの錠剤になりましたが、7錠が2錠に減ったのは・・飲ませる側にとっては楽になりました。
この様子なら・・抗生剤も飲めそう・・なのですが、また・・急に悪くなった時の事を考えて・・2週間持続する抗生剤の注射をしてもらいました。
注射は・・・かなりの高額!!でしたが・・「飲めない→病院へ走る」・・・と言うことが少しでも減る方が良いかと思います。(1日13錠が・・1日2錠には・・大きいです)

・・・そして・・今日は・・大学・・・。(^^;;;

人生1度も・・「諭吉帳簿=家計簿」を付けたことの無い・・・ぞうさん・・・。
これを機に・・・大地の病院がらみの諭吉帳簿でも付けたらどうでしょうかねぇぇぇぇ・・・。(笑)
[PR]

by gorubani | 2009-10-28 00:11 | びょうき  

予想通り・・一難去ってまた一難・・ (お当番・LOVE)

僕が折角・・登場しても・・本当に良い事が書けない大地の闘病事情・・です。(x_x;)

やはり・・僕は、ぞうさんが言うように「悪魔の使い」・・・かもしれません。(^-^)/
まっ・・・どうでもいいけどねぇぇぇ・・・・。

前回大学に行って、抗がん剤の見送り・・・そしてステロイドの減量・・・・。(放射線はしましたが・・)
予想的中!!
大地は週末にかけて・・・みるみる顔が張れ、口からの出血、口がうまく開かない・・などなどの症状が出て来ました。

振り返れば、掛かりつけの獣医さんでCTを撮った翌日から急に顔が腫れだして・・・あれよあれよで、たった1週間マトモだっただけです。

「3つ(放射線・抗ガン剤・ステロイド)の何が効いたのかわかりませんが・・」と・・大学で言われましたが、折角少し楽になったと思いきや・・「何も1週間で2つ(抗ガン剤中止とステロイド減量)をしなくてもなぁぁぁぁ」と言うぞうさんのため息がうるさいっ!!(笑)

「抗ガン剤は腎臓の数値で出来ないとして・・ならば、尚更ステロイドは現状維持して欲しかった」
「ステロイドの1週間で減量なんて、ガン系の病気や緩和的な意味ではあり得んよっ!!」
「大体・・今使っている量自体・・そんなに多くないし・・他の副作用が出ている訳じゃないし・・」
「腎臓の数値自体、大したことないし・・」
「放射線も・・規定までやったら・・とっとと、退散したい・・。」

などなど・・全て人間医療目線&逆戻りの現状なので・・グチが出るわ出るわ・・です。
ことさら・・・大学病院とホームドクターの「差」を今更ながら・・痛感!しているようです。(悪い意味だけじゃなくてね・・)

でも、1週間持たせれば・・って・・思ったけど・・
結局、昨日にはとうとう・・薬を飲ますのにも2時間コースとなり・・(口がうまく開かないし、無理に飲ませようとすれば口を大きく開けさせなければならず・・キャン!!と悲鳴を上げる大地だし・・)
諦めモードで・・掛かりつけの獣医さんに連絡をしました。(^^;;;
担当の先生はお休みでしたが、受付の人が先生に連絡をしてくれました。
状態を説明し・・・はやり、ステロイドは増やした方が良いし、容量の大きい錠剤もあるそうです。
抗生剤も1回注射すれば、概ね2週間効果のあるものをすれば、良いとのこと・・。

幸いステロイドは前回の分が余っていたので・・何とかステロイドだけは前の量を飲ませることが出来ました。
抗生剤は今日注射に行き、大学の方には伝えておいてくれるとのこと・・・で決着が付きました。(´ヘ`;)
増量の効果なのか・・ぞうさんの気がすんだのか・・(笑)
夜には何とか、ご飯も食べられるようになりました。

本当は・・ホリスティクの先生からお薬が届いたので・・・今日から・・とか思っていましたが・・大地もそうですが・・ぞうさん自体がヘトヘトになってしまい・・中止・・。(笑)
それまでにも・・・いろいろなサプリも・・あの良かった1週間しか飲めなかった有様・・です。

正に、ぞうさんは・・「嫌な予感」の的中率は、かなりなものと・・・御見それしてしまう僕なのでした。(^-^)/
[PR]

by gorubani | 2009-10-27 01:30 | びょうき